無料の会員登録をすると
お気に入りができます

送別会&歓迎会シーズンにチェック!二日酔い撃退テクニック

送別会や歓迎会が増えるこのシーズン。連日お酒をたくさん飲んで二日酔いになってしまった…なんて経験がある方も多いのでは?そこで二日酔いにならないお酒の飲み方や気をつけるポイントをご紹介します。

ライフスタイル

社団法人アルコール健康医学協会によると、2単位(※)ぐらいのお酒を限度とするのが適当だそうです。※1単位とは、お酒の種類ごとにそれぞれ以下の量を指しています。

ビール:中びん1本(500ml)
日本酒:1合(180ml)
焼酎:0.6合(約110ml)
ウィスキー:ダブル1杯(60ml)
ワイン:1/4本(約180ml)
缶チューハイ:1.5缶(約520ml)

きちんと自分が把握できる量までにしておくことが大切です。お酒の適量は度数によって変わるので、詳しくは以下のリンクを参考にしてみてくださいね。

社団法人アルコール健康医学協会HP

二日酔いにならない飲み方

飲食中は水をこまめに飲む

お酒を飲むときは水もこまめに飲みましょう。アルコールには利尿作用があるので、お酒を飲みすぎると脱水症状になってしまいます。それが二日酔いにもつながってしまうのです。

お酒を飲むときは一緒に水も飲むことで脱水症状を防げます。また、水を飲むことでお酒を飲む量も減らせるというメリットもあるんです。

お酒を飲むペースはゆっくりと

一気に大量のお酒を飲むと、アルコールが分解できず二日酔いの原因にもなります。お酒はちびちびとスローペースで飲みましょう。

小さな器で少しずつ飲んだり、一口飲んだら器を置いて間を置くなどして、意識的にちびちび飲みを実践しましょう。

たんぱく質&野菜を中心に食べる

アルコールを分解する肝臓はたんぱく質を必要とします。そのため、お酒と一緒に食べる食事としては、たんぱく質を中心とした食品がおすすめです。居酒屋ならチーズやヨーグルト、焼き鳥、煮魚、刺身、卵焼き、豆腐などが◎。

アルコールによってミネラルやビタミンが失われやすいので、それらの豊富な野菜類もしっかり食べましょう。居酒屋メニューでいうと、枝豆、サラダ、お浸しなどがオススメです。

飲酒後に眠る前の+1テク

水を飲む

記事に関するお問い合わせ