無料の会員登録をすると
お気に入りができます

仕事でもOK♡初対面の人にも好印象なメイクのポイント

春といえば、新しい環境になる機会も多いもの。女性なら適切なメイクをしているかどうかで、相手に与える第一印象が左右されます。そこで、初めて会う人に良い印象をもたれるメイクをご紹介します。

2018年4月
メイク

意外と知らない、好印象なメイク

薄すぎない『きちんと感』が大切

好印象と一言でいっても、TPOによってそのイメージは少し違ってきますよね。初対面の人や職場でもOKのメイクでは『きちんと感』をだせるかがポイントになります。

stocksnap.io

濃すぎないメイクでも、すぐに落ちてしまう薄メイクでは顔の印象がぼやけてしまいます。メイクしているのに“厚塗り”に見えない好印象メイクがおすすめなんです。

メイクテクやアイテムを知ろう♡

そこで今回は自分でもすぐに取り入れられるメイク方法の基本や、きちんと見える好かれ顔を作るために必要なメイクテクとアイテムをご紹介します。

簡単なテクさえ覚えれば、プチプラコスメを最低限揃えるだけでいいんです。今日からプロのメイクテクを取り入れませんか?

1.まずは透明感ベースの作り方

”毛穴用下地”で崩れにくいTゾーンに

プロも取り入れているのが、毛穴を目立たなくしながら崩れも防いでくれる毛穴専用下地♡毛穴が気になる部分にくるくる馴染ませると上手にカバーできます。

Media?size=l
instagram.com

毛穴用下地は、皮脂を抑える作用もあるので顔全体に広げないようにしましょう♡崩れが気になる所だけに馴染ませれば肌のツヤを保てますよ。

コントロールカラーで“透明感“をプラス

自然な透明肌を目指すなら赤みやくすみを消してくれるグリーンのコントロールカラー下地を選ぶと効果的。

girlydrop.com

塗るときは、顔の中心部分にだけのせて薄く伸ばすこと。気になる小鼻脇や頬、ニキビの赤みを目立たなくしてファンデーションの厚塗りを防止♡

2.リキッドファンデを上手に塗る

塗り方次第で印象が変わる

リキッドファンデーションは、カバー力もありながら伸ばすことで薄づきにもなる便利アイテム。塗り方を少し工夫するだけで、なりたい肌イメージを叶えることができるんです。

Media?size=l
instagram.com

立体感も、最初にファンデーションを伸ばす位置や厚みを工夫するだけでハイライトをなしでもOKなんです。

指で頬の高い位置に伸ばす

BBクリームやクリーミーなリキッドファンデを、目頭の下辺りからこめかみに向かって伸ばして。ハイライトを入れる、頬の高い位置辺りです。

Media?size=l
instagram.com

ファンデーションを伸ばしたら、平たいスポンジで厚みを出すようなイメージでポンポンと馴染ませましょう。立体感をだすことができます。

スポンジで顔全体に薄く塗る

次に、スポンジに残っているファンデーションを先ほど伸ばした部分以外に薄く塗っていきましょう。塗る厚さを工夫することで、メリハリのある立体顔になります。

Media?size=l
instagram.com

ファンデを重ね付けする時は、崩れやすい「小鼻」「口元」「目元」は厚塗りにならないようにしましょう。厚めに塗った箇所より薄くなるようにするのが大切。

3.仕上げ前にクリームチークを仕込む

クリームチークはまず手の甲に

クリームチークは、より自然な印象にするため手の甲に伸ばしてからスポンジにとって、笑った時に高くなる部分に楕円形に伸ばしましょう。

Media?size=l
instagram.com

このひと手間を惜しまないことで、今までより立体感のあるナチュラルメイクができるようになるはずです。

4.パウダーでベースを仕上げる

ブラシとパフを使い分ける

仕上げのパウダーを肌にのせる時に、パフとブラシを使い分けることで部分的にツヤをだすことができます。2つの道具を使いますが、メイクテクとしてはとっても簡単♡

Media?size=l
instagram.com

メイク崩れをおこしやすいTゾーンや目元には、パウダーを良く揉みこんだパフでおさえるようにのせます。ブラシは、薄づきにパウダーをつけられるのでツヤ感がほしいところにサッと馴染ませて。

Media?size=l
instagram.com

透明感をさらに出したいなら、何色もはいったコントロールカラータイプのパウダーもおすすめですよ。

5.ブラウン系で好印象な目元に

ブラウンベージュ系のパレットが便利

きちんとしたシーンでも好印象なのは、ブラウン系のアイメイクです。きちんと感があるのに、ナチュラルなブラウンメイクの基本を学びましょう。

Media?size=l
instagram.com

濃すぎないブラウンを使い2色でグラデーションをつくります。赤みブラウンは、きちんとメイクでは控えたほうが無難です。

明るいベージュでくすみをとる

アイシャドウも目元を明るくして、ベースをつくるところから始めます。パールの強すぎないパレット内の明るいベージュやオフホワイトを指でまぶた全体にぼかします。

Media?size=l
instagram.com

次に、同じカラーを下まぶたの涙袋にも入れます。チップやアイメイク用ブラシで馴染ませると、目元に立体感がでて爽やかな印象になるんです。

ブラウンでまぶたに陰影をつける

目元に明るさがでたら、濃すぎないブラウンを指でアイホールに薄く伸ばします。同じブラウンを、チップで下まぶたの目尻の際に軽く入れましょう。

Media?size=l
instagram.com

下まぶたのブラウンは目元を引き締める効果がありますが、広くぼかしすぎるとパンダ目のようになってしまうので気をつけてください。

ビューラーでまつ毛を上げる

ナチュラルな印象のメイクでも、しっかりとビューラーでまつ毛を上げるのがポイントです。目のカーブに沿わせながら根元からカールさせます。

まつ毛が上がっていると、光をうけて瞳が生き生きと見えてくる効果があるそうです。

マスカラ下地とマスカラをつける

マスカラ下地とマスカラをダブル使いすることで、まつ毛のきれいなカールを長時間保つことができます。ビューラーのすぐ後に、根元からカールキープマスカラをつけましょう。

ボリュームタイプや繊維たっぷりのものよりベーシックなマスカラを選ぶのがポイントです。マスカラは根元から軽くつけるようにしましょう。

ペンシルでアイラインを描く

滑らかに伸びるペンシルタイプのアイライナーは、リキッドより品がでるのでおすすめです。まつ毛の下から点をつなげるようにして描いてきます。細めのアイライナーだとより簡単に♡

Media?size=l
instagram.com

アイラインがまぶたに滲んでしまったら、薄いブラウンシャドウで馴染ませましょう。

6.パウダーでつくる美眉

眉毛も描き方や、パウダーかペンシルかでも印象が変わってきます。ナチュラルなきちんと感を出すには、パウダーアイブロウを使いましょう。

Media?size=l
instagram.com

ミディアムブラウンを眉頭から1cmほどの部分から描きはじめ、眉山までぼかします。そのまま、眉頭方向にも塗ると自然な感じに。濃いブラウンを眉山から眉尻にむかって描いたらスクリューブラシでぼかして。

7.仕上げはパウダーチークとリップ

パウダーチークとリップに同系色を選ぶことで色にまとまりがでて、ナチュラルな印象にすることができます。

チークの塗り方でフレッシュに

最初に仕込んでおいたクリームチークの上からパウダーチークを大きめのブラシでふわっとのせます。コーラル系のピンクを真ん中にぼかすとフレッシュ感が。

Media?size=l
instagram.com

丸くピンク系のチークをいれても、幼くならないのはコーラル系のピンクを使うから。肌馴染みが良い色を選ぶのがポイントです。

クリームチークをリップがわりに

最初に使ったクリームチークをそのままリップとして使えば、メイクにまとまりがでてきちんとした印象に。リップクリームなどで保湿したら、唇の中央からポンポンと外側に向けてぼかすように塗って。

Media?size=l
instagram.com

クリームチークを唇に使うのが難しそうという方は、チークと同系色の口紅を軽く塗ってみて。リップクリームを重ねても。

好印象メイクで出会いに自信♡

ナチュラルなのに、きちんと見える“好印象メイク”はTPOを選ばない便利なメイクです。

Photo by Meireles Neto / Unsplash

ベーシックなコスメで叶う「きちんと顔」。この記事を参考に、いつでも使えるメイクテクを覚えてくださいね。

記事に関するお問い合わせ