無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ベースメイクの仕上がりが見違える♡「メイクブラシ」の使い方

メイク

目の周りは薄くふんわりと

目の周りは崩れやすい部分なので薄塗りにしましょう。ブラシにファンデを追加せず、そのまま使います。まずは上まぶた。目を閉じて、目頭から目尻に向かってふんわりと塗りましょう。

下まぶたも同じように目頭から目尻に向かってふんわりと塗ります。

ムラの仕上げはスポンジで

最後に全体をチェック。ムラがあるところはブラシの毛先でなじませて、スポンジで押さえると崩れにくくなります。これでメイクブラシによるリキッドファンデーションのベースメイクは完成です。

パウダーファンデ×ブラシ塗り方

パウダーファンデでは毛先が丸く平らにカットされている丸筆を使った方法をご紹介します。毛先が斜めにカットされている丸筆が使いやすいです。今回も下地を塗った状態からスタート。

なでるようにブラシの毛先に含ませる

丸筆は鉛筆を持つのと同じように持ちます。毛先が広がらないように、軽くなでるようにパウダーファンデを含ませましょう。このとき毛先だけにファンデを取ることで薄づきになります。

ファンデを取りすぎてしまったら、ティッシュにトントンと粉を落として余分なファンデを払いましょう。この作業でブラシにファンデをなじませることにもなるんです。

目の下の広い面からくるくる塗る

まずは顔の広い面から仕上げていきます。目の下の頬にブラシをのせて、内側から外側にむかって塗りましょう。このとき、小さな円を描くようにくるくるとのせることで、ムラなくしっかりとカバーできます。

口の横やあご先も、内側から外側に向かって塗っていきます。

おでこは中心から外側へくるくる

記事に関するお問い合わせ