無料の会員登録をすると
お気に入りができます

連休中にリセットしたい♡自宅で試せるストレス解消法8選

ライフスタイル

4.紙に書いてちぎって捨てる

もやもやした気持ちもポイッ

紙とペンを用意しましょう。そこにストレスに感じたことや、嫌だったことを書きます。それを思いっきりぐしゃぐしゃにして、びりびりとちぎって捨ててしまいましょう。嫌なことも一緒になくなったように思えるのかもしれませんね。

5.お風呂に入る

温度は39~40度がベスト

お風呂に入り、湯船に浸かるというのもリラックス方法としておすすめです。お湯の温度は39~40度がベスト。副交感神経が優位になり、体をリラックスさせる温度です。

また、アロマオイルの香りやアロマキャンドルの火の揺らぎで、さらに癒される空間を作るのもストレス緩和に役立ちます。

6.思いっきり泣く

嫌なことは涙と一緒に流れていく

「泣いたら気持ちがスッキリした!」という経験はありませんか?実は涙を流すと、一緒にストレスホルモンである「コルチゾール」も排出されるそうです。

また、涙を流すとストレスを和らげてくれる「エンドルフィン」というホルモンも分泌されます。つまり、泣くことはストレス解消になるのです。家で思いっきり泣けるような映画やドラマを観たり、本を読んだりしてはいかがでしょうか。

最近いつ泣きましたか?大人も感動する「泣ける絵本」9選

大人になって日々喧騒の中で過ごしていると、ちょっとした感動や気付きも忘れてしまいがち…。そんな時は、童心に戻って絵本をめくってみませんか?
2680

7.思いっきり笑う

笑う門には福来たる

泣くのもストレス解消に良いですが、対照的な「笑う」こともストレス発散に良いですよ。笑うと自然と呼吸が深くなり、腹式呼吸になります。そうすると先述したように副交感神経が優位になり、リラックスできるんです。

つまり笑うことで心が安らぐということ。ストレスを感じたときは、いつも楽しく笑い合えるような話ができる友達に会ったり、お笑いライブに行ったりして思いっきり笑いましょう。

記事に関するお問い合わせ