無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が落ち着かない気持ちの時にしている仕草や行動10選

ペット

犬が落ち着かなくなる原因とは?

人間が落ち着かないときにソワソワするように、犬も何らかのボディランゲージを発します。犬が「落ち着かない」と感じる原因は主に次のようなものが挙がります。

・怖い
・不安
・緊張
・まぶしい
・うるさい
・お腹が空いた
・疲れた

このように、心や体の変化や不調を訴えていることが多く、飼い主としてはいち早く察してあげたい状態ばかりですよね。犬のストレスをいち早く取り除いてあげるためにも、次でご紹介する仕草や行動をぜひチェックしてください。

犬が落ち着かない気持ちのときにしている10個の仕草・行動

犬が「いやだなあ」「不安だなあ」などとストレスを感じているとき、ある特徴的な動作を見せています。ここでは、犬が落ち着かない気持ちのときにしている仕草・行動10選をご紹介します。

1.鼻を舐める

犬が鼻をペロッと舐めるのは、自分や相手を落ち着かせようとする際に見せる仕草です。真剣な表情を見せながら鼻を舐めたときは、「落ち着いて」と自分に言い聞かせているのでしょう。

2.においを嗅ぐ

これといった対象物がないのに、なぜかクンクンにおいを嗅ぐ行動を見せるときは、何らかのストレスを感じている可能性が高いです。その行動を取ることによって平穏を取り繕うとしているのかもしれません。

3.身震いをする

急に犬が体をブルブル!っと身震いするときもありますよね。この仕草も犬が不安や緊張を感じているときに見られます。大きなジェスチャーによって離れた相手に「もうやめて」と訴える場合もあります。

4.後ろ足で体をかく

犬が後ろ足でボリボリ体をかくのも、何らかのストレスや緊張状態であることが多いです。「痒いのかな?」と勘違いしてしまう行動ですが、不自然に体をかき始めたときは愛犬を観察してみてください。

5.あくびをする

眠いときにもしますが、実は不安や恐怖を抱えているときにも犬はあくびをします。叱っているときにあくびを見せたら「もうやめてよ」と感じているのでしょう。不自然にあくびを見せたら、「落ち着かない何かがあるの?」とチェックしてみてください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ