無料の会員登録をすると
お気に入りができます

彼氏を安心させすぎない!ドキドキを長続きさせる6つのコツ

「釣った魚にエサはやらない」とばかりに、付き合っていくうちに愛情表現が雑になる男性は少なくありません。彼女としていつまでも大事にしてもらうにはどうすればよいのでしょうか。本記事では、二人の関係にあぐらをかかせず、ドキドキ感を維持するコツをご紹介します。

2018年10月
恋愛・結婚

二人の関係にあぐらをかかせない!

最初のうちはマメに尽くしてくれたのに、彼氏から次第に雑に扱われるようになってきたとお悩みの女性は少なくないはず。雑に扱われる原因は、彼氏が二人の関係に安住してしまっているのが一因です。

今回はドキドキを長続きさせ、彼女として大事に扱ってもらうためのコツをご紹介します。

①メイクや服には手を抜かない

付き合いはじめのうちはオシャレやメイクをがんばっていても、付き合いが長くなるにつれ手抜き気味になってきてしまうもの。彼氏の愛情表現が雑になるのを防ぐためには、彼女の側の心掛けも大切です。

girlydrop.com

美容に手を抜かない、無防備なすっぴんは見せない、教養を身につけるなど、魅力的であり続ける努力を怠らないようにしましょう。彼氏をドキドキさせられているうちは、雑に扱われるおそれはないはずです。

②デートの回数を制限する

大好きな彼とはいつも一緒にいたいと思ってしまいますね。でも、毎日のようにデートを重ねていると、関係がマンネリ化したり彼に飽きられたりする恐れがあります。

これは、二人の関係の進展スピードが速すぎて、自分たちの人としての成長度を上回ってしまうため。「追いつかない」状態になると、話題が途切れたりデートの行き先に悩んだりするようになります。

こうして関係がマンネリ化すると、男性は彼女の扱いに手を抜き始めます。マンネリを回避する秘策は、デートの回数を週1回程度に抑えること。新鮮で密度の濃いデートをして、二人の関係をフレッシュに保ちましょう。

③基本的なマナーを大切にする

付き合いが長くなると、最初のうちは気をつけていたことが次第におろそかになってきます。「ごめんなさい」「ありがとう」をきちんと言えているでしょうか。カップル間でも基本的な礼儀を忘れてはいけません。

どちらかがマナーを忘れた振舞いをすると、相手は「こちらも礼儀正しくする必要はない」と考えるようになります。お互いにどんどん無遠慮に振舞うようになり、彼女からすると「雑に扱われた」ということになります。

www.pexels.com

どんなときも「ありがとう」と「ごめんね」を忘れず、丁寧に接するよう心がけましょう。常にレディとして振舞うことで、彼も自ずとレディとして扱ってくれるようになりますよ。

記事に関するお問い合わせ