無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お腹痩せ、バストアップを叶える!美の秘訣「座骨座り」をマスター

美容

座骨座りをマスターすれば内臓の位置が整い、体調が良くなります。

4、腰痛の予防・改善に

腰が前にずれた座り方や腰を反った座り方は、腰痛につながる原因に! 特に姿勢を正そうと腰を反りすぎている方は注意しましょう。

Tom Merton / GettyImages

座骨で座れば、骨盤で身体の重みをしっかり支えることができます。その上にまっすぐ背骨や頭がくるので、背中や肩、首の痛みが引き起こされることもありません。

座骨座りをマスターしよう!

ここからは座骨座りの方法を伝授していきます。座骨が当たる感覚がわかりやすいように、硬めの椅子で練習するのがおすすめです。

g-stockstudio / GettyImages

1、座骨の場所を確認

まずは座骨の場所を確認していきます。両手を左右からお尻の下に入れ、座りましょう。骨が当たるのが分かるかと思います。そこが座骨です!

2、左右に揺れる

座骨が椅子についているのを意識しながら、お尻で歩くようなイメージで左右に揺れ、片方ずつお尻を浮かせます。数回繰り返していくうちに、自然と一番安定する位置に座ることができます。

jarino47 / GettyImages

このとき、背筋を伸ばすことを意識してみましょう。目線はまっすぐ前へ向けます。

3、座骨を後ろに引っ張る

再び両手を座骨の下に置き、手を後ろに引っ張り抜きましょう。座骨が最初より少しだけ後ろにくるようなイメージです。

これで骨盤がしっかりと立った状態になります! 座骨座りの完成です。

できているかチェック!

座骨座りが正しくできていれば、頭のてっぺんが天井を向いた状態になります。試しに本などをのせてみて、バランスがとれるようならOKです!

fizkes / GettyImages
記事に関するお問い合わせ