無料の会員登録をすると
お気に入りができます

惚れ直される♡“美すっぴん”な女性がこっそりしてる「6つの習慣」

肌の状態は見た目年齢を大きく左右するもの。どうせなら、美しいすっぴん肌を手に入れていつまでも若々しくいたいですよね。特に男性は、メイク前の肌が綺麗な女性を美人と思うのだとか。そんな美すっぴんをつくる簡単な習慣をご紹介していきます。

2018年4月
美容

すっぴんに自信、ありますか?

美しい素肌は、女性を何倍も魅力的に見せてくれるもの。男性にとっても惹かれるポイントの一つです。でも正直、すっぴん肌には自信がない・・・と言う女性も多いのでは?

そこで今回は、美すっぴんな女性が取り入れている簡単な習慣をご紹介します。6つのメソッドを実践するだけでも、肌質が変わってきますよ♡

1、肌は“薄塗り”が基本♡

素肌が美しい女性は、必ずといって良いほど肌は薄塗りです。どんなに高機能なファンデーションでも多少なりとも肌に負担がかかるということを忘れずにいましょう! アラをすべて隠そうとしないことが大切です。

有名なメイクアップアーティストさんのHOWTO本を見ても、使うファンデはごくわずか。リキッドならパール1粒大、パウダーならスポンジの1/3程度であることがほとんどです。それ以上使っている方は、早速見直してみましょう!

信頼できるファンデーションを選ぼう!

今使っているファンデーションは、心から納得がいくものですか? コスパで選んだ、何となく選んだという方は、この機会に信頼できるファンデーションに切り替えてみてはいかがでしょうか。

おすすめはコスメカウンターで、実際にタッチアップさせてもらうこと。自分の肌色や肌質にあったアイテムが見つかります。ただし、BAさんに押されて買うのではなく、気に入ったものを買うようにしてくださいね!

乾燥知らずのうるツヤ肌へ! 保湿系ファンデーション7選&正しい塗り方

乾燥が気になる季節。一日が終わる頃には、ファンデーションは乾いてパキパキ、肌色がくすみ残念なことになっていませんか? 大切なのは保湿力。スキンケア効果の高いファンデーションで、日中の乾燥から肌を守りましょう。
3566

2、手に吸い付くまで「保湿」する

美すっぴんの鍵は、なんといっても保湿! 美肌自慢の女優さんの中にも「保湿だけは意識しています」という方は多いですよね。肌の調子が悪いなと感じたときも、いつも以上にしっかり保湿を行ってみましょう!

ファンデーションが上手く伸びなくてムラになるという方は、保湿が足りないからかもしれません。潤いのある肌なら少量のファンデーションで綺麗な肌が作れます。

ただ保湿するだけじゃダメ!

ちゃんと保湿しているのになぁと思ったあなた。手に吸い付くほど、もっちりとした肌になっていますか? 適当に乳液やクリームをつけただけでは不十分かもしれませんよ!

記事に関するお問い合わせ