無料の会員登録をすると
お気に入りができます

食パンが主役のサンドイッチも登場!南青山『バイキングベーカリー エフ』|by PARIS mag

毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は南青山にある「バイキングベーカリー エフ」をご紹介します。

ことりっぷ編集部

グルメ

毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は南青山にある「バイキングベーカリー エフ」をご紹介します。

PARIS mag パリマグ https://parismag.jp/

朝食の定番パンとも言える、食パン。近頃は、高級食パンを作るパン屋さんや食パンがメインメニューのカフェなど、食パンに特化したお店や専門店も増えてきていますよね。

今回ご紹介するお店も食パンのお店。南青山にオープンした食パンの専門店『VIKING BAKERY F(バイキングベーカリー エフ)』へ伺い、お店がオープンするまでのお話や、食パンのこだわりをお聞きしました。

日常の当たり前をおいしく

2017年10月7日にオープンした『VIKING BAKERY F』は、食パンのバラエティが豊富で、注目を集める食パン専門店です。

「サンドイッチ屋をつくりたい」というきっかけで誕生した『VIKING BAKERY F』。数多くのサンドイッチを食べ歩き、「中に挟む具材にこだわるならば、パンもこだわろう!」と、おいしいサンドイッチのためのパンを作ろうと始まりました。

「一日のはじまりをしあわせに」というテーマを掲げており、日常の中に当たり前にあるものに向き合ったとき、「トーストやサンドイッチのように毎日口にするものがおいしいと、しあわせだよね。」と、食パンと真剣に向き合うことにしたのだそう。

「First(1号店)」の「F」

実は『VIKING BAKERY F』には、清澄白河に姉妹店『VIKING BAKERY 0』があります。10月に南青山店をオープンする前に、食パンの卸しのオーダーが入ったため、急遽清澄白河に小さなラボという形で7月に製造工場を開設。そのため、南青山店は1号店を意味する「First」の「F(エフ)」、清澄白河は0号店として「0(ゼロ)」と付けたのだそう。

清澄白河のラボでは、南青山店で販売する食パンのラインナップの研究開発のため試行錯誤しながら、20〜30種類ものパンを焼いたのだとか!その中から、厳選された10種類が南青山のお店に並んでいます。

現在は、南青山のお店でパンを焼き、清澄白河のお店にも毎朝運んで販売をしています。

個性あふれる3種のパン

左から「Sourdough」「Cereal」「Plain」

メインのパンは3種類。王道の「Plain(プレーン)」は、甘みもあり噛むほどに小麦の味を味わえるもっちりしっとりとした食パン。「Cereal(シリアル)」はさっくりふんわりとした食感で、酵母で炊き上げた21種類の熊本県産雑穀を全粒粉ベースの生地に練りこんだヘルシーな食パンです。ドイツ系のハードパンに近い「Sourdough(サワードウ)」は、サワー種を使った酸味が魅力のパン。

3種とも別の生地で仕込んでいるので、食感や味わいもそれぞれ個性あふれるパン。この3種は1本売りです。また、月曜日には20本限定で「小池リッチ001」というプレミアムな高級食パンも登場するそう!

組み合わせが楽しい「プティ」

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ