無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男性がほっと安心できる♡「基本の和食」作りおき、冷凍ができるおかずレシピ

食べるとなぜかほっとする、日本の家庭料理といわれる基本の和食は、洋食よりもヘルシーなものが多く、栄養バランスも◎。そこで作りおき、冷凍保存もできる極上のレシピをお届けいたします。

2018年4月
レシピ

基本の和食はやっぱりおいしい♡

ヘルシーで栄養もたっぷり、食べるとなぜかほっとすると男性にも好評な和食。しかも和食は味がしみ込むほどにおいしくなる料理も多く、お弁当のおかずとしても使えるのもうれしいところ。

基本の和食が簡単に作れて、作りおき・冷凍保存もできる、ぜひ覚えておきたい優秀なレシピをピックアップしました。

覚えておきたい基本の和食

短時間でコク旨「とろとろ親子丼」

鍋とフタを使った、初心者の方でもとろとろな卵がおいしい親子丼が簡単に作れるレシピです。鶏肉を調味料で下味をつけておくと、よりおいしく仕上がります。

oceans-nadia.com

冷凍で1か月保存可能。冷凍する場合は、卵を入れずに保存し、食べる時に仕上げに卵を入れるとおいしいですよ。

レシピ

下味冷凍できる「肉じゃが」

instagram.com

ジップバッグに材料を入れてもみもみし、下味冷凍として1か月保存できます。凍らせている間に味がしっかりしみ込み煮込み時間も短縮できます。加熱調理した後は、冷蔵で3日ほど保存できます。

レシピ

とろとろ豚の角煮

とろーりとろける豚の角煮ですが、鍋が大きすぎると水分が蒸発しやすいので、豚バラブロックがフィットするくらいの鍋がおすすめです。

oceans-nadia.com

粗熱をとってからジップバッグに入れ、空気をなるべく入れずに保存すれば1か月持ちます。冷蔵で3日保存可能です。

レシピ
記事に関するお問い合わせ