無料の会員登録をすると
お気に入りができます

贅沢気分が味わえる! 牛肉の赤ワイン煮込みにオマール海老のダシ…フレンチテイストな絶品カレー2選

カレーと一口に言っても、ますます広がるそのバリエーション。今回は、インドカレーにオマール海老のダシを使っていたり、牛肉の赤ワイン煮込みが乗っていたりと、フレンチテイストのカレーが楽しめる2軒をご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

グルメ

1.〈GOOD LUCK CURRY〉/恵比寿

魚介料理を得意とする代官山のフレンチ〈Äta〉が手がけるインドカレーとカレーパンの店。

「カリーW」定番のエビカリーと週替わりの2種、インド風の副菜3種、サラダ、日本米のターメリックライス、フライドオニオンがひと皿に。900円。
フランス料理のエッセンスを日常的に楽しんでと、オマール海老のダシを使いながらも、カレーの価格は1,000円以下!

エビカリーと抜群の相性を誇るパクチーと、辛みをマイルドにする半熟卵のトッピングもあり。各+100円。

厨房でひとりカレーを作るのは、去年まで〈Äta 〉でフランス料理を作っていた菅原さん。カレー好きがこうじて店長に。スパイスは各々の個性が際立つよう、種類を絞って使うそう。

珍しいナチュラルビール1,200円は、ワインのような味わい。ほかにナチュラルワインもあり、グラス1,000円前後。

GOOD LUCK CURRY
恵比寿駅

GOOD LUCK CURRY

2.〈FRENCH CURRY SPOON〉/西荻窪

〈ル・ブルギニオン〉などで腕を磨いた和田直樹シェフが、フレンチの技法を用い、作り上げた「フレンチカレー」。

牛肉の赤ワイン煮込みがのった「フレンチカレー」930円に、「平日のランチセット」390円をプラス。
手間暇かけて仕込んだフォンドボーに、玉ねぎなどの野菜、牛豚肉、カルダモンなどのスパイスを加えて煮込むこと丸2 日。完成したカレーは、コク深く、ほどよく刺激的なのに、驚くほど軽やかで全く胃にもたれない!

(Hanako 1123号掲載/photo:Tomoo Ogawa text:Emi Suzuki)

FRENCH CURRY SPOON
西荻窪駅

FRENCH CURRY SPOON
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ