無料の会員登録をすると
お気に入りができます

絶対に妻にはバレさせない…! 不倫大好き男性の「スマホの使い方」5つ

恋愛・結婚

1:あらゆる通知を出さない

不倫相手からの連絡が来ても、周囲にそれが知られないよう、LINEをはじめとした連絡ツールの通知を出さないのは、不倫男性がやりがちな定番の行動。

いつどんなタイミングで不倫相手から連絡が来たとしても、ポップアップや通知音のせいで不審がられないよう、あらかじめ対策をしているのです。

不倫相手の女性だけを通知オフにしていることもあれば、すべての連絡先からの通知をオフしにているケースもあります。

2:連絡先やLINEの登録名を変える

電話番号を登録しているアドレス帳や、LINEの登録名などを変えているのも、不倫男性がやりがちなスマホの使い方。

家族が画面を見たときに、一見しただけでは女性であるとわからないような名前に変更している人も多いです。

3:ふたりの写真をLINEのアルバムに隠す

不倫相手や不倫相手として狙っている女性との写真を、スマホのアルバムには残さず、LINEアプリの中にあるアルバム機能を使って保存している不倫男性も珍しくありません。

これなら、LINEアプリを開かない限り写真の存在がバレにくいので、不倫男性には好都合なのでしょう。

4:複数台持ち

スマホを複数台持って、不倫相手ごとに使い分けている男性もいます。コストがかかる方法ですが、スマホを通じて家庭に不倫がバレる可能性が格段に下がるため、慎重な不倫男性が好む使い方です。

家庭にいる間は不倫用のスマホを消音にして、家を出るまではまったくスマホに触れないよう徹底する人もいるのです。

5:頻繁にLINEをブロック

LINEアプリは、ブロック機能を使うと相手からメッセージが届いても、表示が一切出なくなります。

家族と過ごしているときには、不倫相手をその都度ブロックして、家族と一緒にいない場面ではブロックを解除。LINEがきっかけで不倫がバレないよう工作しているのです。

ブロック中に届いたメッセージは、後からブロックを解除しても内容がわかりませんが、そこをうまくごまかしながら、不倫相手に知られないようブロックを繰り返しているようです。

不倫に情熱を傾けている男性は、いつ不倫が始まっても家庭にバレないよう、今回ご紹介したように細心の注意を払っています。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ