無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マイボトルにしたい!テイクアウトにオシャレなボトルがついてくるカフェ

ライフスタイル

とっておきのドリンクとスコーンを楽しめるカフェ「DRIC」

長崎市中園町の路地裏にあるカフェ、「DRIC(ドリック)」。コーヒーアイテムのほか、セミオーダーできる家具やインテリア雑貨なども販売されている店内は、おしゃれでくつろげる空間となっています。一杯ずつ丁寧にドリップされるスペシャルティコーヒーと、素材にこだわった手作りスコーンはテイクアウトも可能。期間限定のドリンクやスコーンが登場することもあり、いつ訪れても新しい発見があるカフェです。

テイクアウトに使いたい、おしゃれなガラスボトル

さらにこれからの時期に見逃せないのが、冷たいドリンク専用のガラスボトルです。持ち歩きたくなるスタイリッシュなデザインは、お店のオリジナル。小さなお子さんのいるご家族がテイクアウトするとき、プラスチックなどのカップでは中身がこぼれやすいことから、蓋つきのボトルを考案したそう。初回はテイクアウト専用ですが、次回以降はイートインのグラス代わりにも使用できます。こちらをリユースすれば、ドリンクが1杯100円引きになるという嬉しいサービスも。お店の方の心遣いから生まれた、人にも自然にも優しいアイテムです。
今回は、このガラスボトルに入れて飲みたいドリンクメニューをご紹介します。

味の変化が楽しめる、さわやかなティーソーダ

見るからにさわやかなこちらは、春夏の期間限定のティーソーダ。フレーバーはジンジャーレモン・ピーチミントの2種類から選べます。それぞれフレッシュレモンやミントが添えられていて、見ているだけでも涼しげです。
最初は口の中にシュワッと広がる風味を楽しんで。炭酸が抜けた後もフレーバーティーとしておいしく味わうことができます。まろやかな甘みがあり、炭酸が苦手な方でも飲みやすいテイストです。
10月に行われる長崎のお祭り、「長崎くんち」が行われる頃には終了予定とのことなので、それまでに味わいに行きたいドリンクです。

ティーソーダ ジンジャーレモン / ピーチミント
ガラスボトル 610円(税別)・プラスチックカップ 540円(税別)

季節に合わせて変化するこだわりのコーヒー

おいしく、きちんと生産管理されたスペシャリティコーヒーにこだわるDRIC。アイスコーヒーとアイスカフェオレはオールシーズン用意していますが、季節に合わせてブレンドの風味を少しずつ変えているそう。たとえばカフェオレのベースのブレンドは、暑くなってくる時期には酸味を強めに、涼しい時期には深入りにと調整。その時期に一番おいしい味が楽しめるようにと工夫されているのです。

アイスコーヒー
ガラスボトル 530円(税別)・プラスチックカップ 460円(税別)
アイスカフェオレ
ガラスボトル 580円(税別)・プラスチックカップ 510円(税別)

コーヒー豆とスコーンはオンラインショップでも

ボトルもドリンクも気になるけれど、長崎は遠くてなかなか…という方は、オンラインショップで購入可能なコーヒー豆とスコーンを検討してみてはいかがでしょうか?

コーヒー豆は、季節ごとにセレクトされるブレンドコーヒーと1種類の豆だけのシングル、そしてカフェインレスのデカフェがあります。アイスコーヒー用の豆も問い合わせがあれば販売可能とのことです。

お店で手作りされるスコーンには、高品質な生乳100%のバター、国産の小麦粉などの厳選素材を使用。謹製(失礼のないよう心を込めてお作りする)という意味をこめ「KINSEI SCONE©」と名づけられるほどのこだわりが詰まっています。また、バターの風味が際立つシンプルなプレーンや、かつてイギリスに住んでいたというお客さんの思い出の味を目指したシナモンレーズンなど、フレーバーも豊富です。春には抹茶、夏にはマンゴーといった、その時期になじみが深い食材を使った期間限定の味も登場しています。気になる方はチェックしてみてくださいね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ