無料の会員登録をすると
お気に入りができます

猫好きも思わず爆笑!『猫のあるある』5選

ペット

1.なにかと飼い主を踏んでいく

高い場所から飛び降りる時はクッション代わり、大運動会の時は足場…飼い主は猫に踏まれるのも仕事なんです!

狙ったかのようにお腹を踏まれて飼い主は悶絶しますが、これも猫が安全に着地するためだと思って喜んで(涙を呑んで?)その身を差し出しましょう!

身を挺して大切な猫を守らせていただいているんだと思えば、自分の体の1つや2つ…と言いたいところですが、くれぐれもケガをしないように注意しましょう。身の危険を感じた時にはもう遅いかも!?

2.高いところに上がって降りられなくなる

高いところへ上がるのは朝飯前の猫たち。でも時として「そこ、どうやって上がったの!?」と言いたくなる場所からひょっこり出現してくれますよね。

そんな「偶然上がれちゃった」的な場所だと、猫もどうやって降りたらいいのか悩む時があるんですよ…そして飼い主に「おい!見てないで助けろ!」と訴えます!

せめて降り方まで考えてから上がってくださいよ…と言いたいのは飼い主だけで、案外猫のほうは「困ったら飼い主が何とかしてくれるはず!」と行き当たりばったりで行動してしまうこともあるのかも知れません!

3.テレビの映像にじゃれる

テレビの中の映像には猫が大好きな鳥や虫なども映ります。そんなものが目の前に現れたらテレビの前にダッシュ!猛然とパンチを繰り出します!

もちろん捕まえられるわけもないんですが、猫の本能ですから仕方ありません!テレビ画面はその立派な爪で傷だらけに…!

中には、なぜかテレビの中の人物の髪の毛やフリップを指す棒…だけでなく、特定の人の頭や手にじゃれる猛者もいるんですよね。飼い主は「なんでそれ!?」と思いますが、当然ながら理由は猫にしか分かりません!

4.忙しい時に限ってかまって攻撃をする

飼い主が「さあ、遊ぶぞー!」とおもちゃを持って待機している時は寝ているのに、飼い主が仕事や家事を始めた途端に「遊べ!かまえ!」と猛アピールする猫。

パソコンで文字入力をしている時には、キーボードに乗ってきた猫から謎のメッセージまで授かる始末です!これは猫からのありがた~いお告げに違いない!とばかりに、その怪文書を保存してしまう飼い主はもう立派な下僕かも!?

はたして、猫からのメッセージを解読できた飼い主はどれくらい存在するのでしょうか?ただ踏まれただけなので、当然読めるわけがありませんが!(笑)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ