無料の会員登録をすると
お気に入りができます

時間がないときに助かる~! 簡単&スピーディー、正統派な「ボタンつけ」のやり方

レシピ

急いでるときにかぎって、ボタンが……!そんなとき、簡単に手早くつけられる方法をご紹介します。

穴あきボタンは糸を「くるん!」で固定

1. 糸2本取りで玉結びを作る(糸端は2~3mm残す)。ボタンをつけるところの表側から、小さく布をすくって針を出す。

2. ボタンに針を通し、対角の穴に入れる(平行でもOK)。

3. 針を布の裏に出し、あいているボタン穴に通して表に糸を出す。ボタンの下の糸足は少しゆとりを持たせる。

4. 残りの穴に針を通し、ボタンと布の間に針を出す(裏まで通さない)。

5. ボタンと布の間の糸足に糸をくるっと一周させ、針を輪の中に通す。

6. 糸を引いてしっかり引き締める。

7. 5、6をもう一度繰り返して糸を引き締める。こうするとボタンがしっかり固定され、玉結びも隠れる。

8. 一度針を裏側に出して玉止めを作る。玉止めの際に針を入れ、少し離れたところから出す。

9. 糸をしっかり引いて、布と布の間に玉止めを隠してから、針を出したところの際で糸を切る。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ