無料の会員登録をすると
お気に入りができます

家の中でできる『犬のストレス発散法』3選

ペット

犬のストレス発散法①おもちゃ遊び

犬にとって体を使って遊ぶことはとても楽しいことで、体力が発散されるだけでなくストレスも解消されます。特におすすめしたい遊びは、おもちゃを使った“持ってこい”や“引っ張りっこ”。これらは犬が持つ狩猟本能が満たされる遊びなので、走り回るほどのスペースがない場所でも十分にストレスを発散させることができます。

ただおもちゃを渡して、好き勝手に遊ばせるだけではなく、持ってこいや引っ張りっこをするときにはルールを設けて遊ぶ必要があります。飼い主さんのところまでおもちゃを持って帰ってくることや、指示に従っておもちゃを渡すことなど遊びながら楽しくしつけができます。

犬のストレス発散法②宝探しゲーム

室内などで体を思い切り動かせないときには、頭を使った遊びがおすすめです。本能を刺激するようなゲーム性のある遊びは、犬の好奇心を満たして精神的な満足感を与えます。

家庭でも取り入れやすく、人気のあるゲームが「宝探しゲーム」です。犬の好きなおもちゃやおやつを室内のどこかに隠し、犬にそれを探させるというシンプルなゲームです。

基本的に、犬は嗅覚を使って宝探しをしますが、経験を重ねることで予測をして見つけることもあります。犬は嗅覚に優れており、動物としての狩猟本能を持っているため、それらの能力を発揮させてあげることで充実感を感じさせることができるのです。

部屋いっぱいに使ってゲームを楽しむだけでなく、いくつかの小箱や紙コップを用意して、そのひとつだけにおやつを入れて探させるなど広いスペースがなくても遊ぶことができます。はじめはすぐに探し当てられるように犬の目の前で隠します。宝探しのルールを犬に理解させたら、少しずつ隠し場所の難易度を上げていきましょう。

犬のストレス発散法③マッサージ

体や頭を使うだけでなく、それらをゆっくりと休ませることもストレス発散のためには必要です。特に、大好きな飼い主さんとのスキンシップやマッサージは、心身ともに癒されるコミュニケーションなのでぜひ取り入れて欲しいことです。

むずかしいマッサージのテクニックなどはわからなくても、優しく体をさするだけでも十分効果的なストレス発散法になります。ただし、無理やり押さえつけてマッサージすることは逆効果なので、お互いにリラックスした状態で行うようにしましょう。

飼い主さんのそばに犬が近寄ってきたときや体を預けてきたときなどに、そっとなでることからスタートします。特に疲れが溜まりやすい肩や首、尻尾の付け根などを中心に、もみほぐしてあげてください。

まとめ

自由気ままに生きているように見える犬たちも、ストレスが溜まることがあります。人間と一緒に生活していると、どうしても運動量が制限されたりコミュニケーション不足でさみしさを感じたりしてストレスが溜まってしまうのです。人間と同様、ストレスは犬の体調を崩したりメンタル面に悪影響を及ぼしたりします。

そのため、体や頭を存分に使って遊んだり、スキンシップで癒しを与えてストレスをきちんと発散させてあげることが大切です。

特に犬は飼い主さんとの関わりで気持ちが満たされやすいので、短い時間でもこまめなスキンシップや遊びを心がけてくださいね。また、日頃からストレスが溜まっている様子はないかなど、行動や仕草の変化にしっかり気がつけるよう観察するようにしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ