無料の会員登録をすると
お気に入りができます

いくら使ってる?2人暮らしの「生活資金の平均リスト」

結婚を前提にカップルで生活をしているけれど、今の2人の生活費は使いすぎなのか、それともかなり節約している方なのか、わからないという人は少なくありません。全国的な平均を知ることによって、生活費が多いのか少ないのかを知っておきましょう。将来に備えて貯金をする場合でも、現在の立ち位置を知るのはとても大事なことです。

2018年4月
ライフスタイル

みんないくら使ってるの?

全国的な平均値が知りたい!

結婚を前提にカップルで同棲している場合には、生活費はいくらくらいかかるのでしょうか?もしかしたら平均より使いすぎかもしれませんし、かなり節約できているかもしれません。お金を確実に貯めるには、どこにいくら使っているのかをまず明確にすることが大事です。

生活費は固定費と流動費に分けられます

生活費とは、毎月定期的に発生する固定費(家賃、水道・光熱費、通信費など)と、一時的に発生する変動費(食費、娯楽、旅行、交遊など)を合わせたもの。具体的にいくら使っているのか把握して、それが使いすぎなのかどうかを知るため、全国平均を知っておきましょう。

結婚当初の生活費はどれくらい?|公益財団法人 生命保険文化センター http://www.jili.or.jp/lifeplan/lifeevent/mariage/8.html

みんなは月いくら使ってる?「生活資金の平均リスト」を知ってお金を貯めよう♡

お金を貯めようと思っても、なかなか貯まらないのはなぜでしょうか?賢く貯金するためには、まずはあなたが使っている生活費がどのくらいなのかを把握することが大事です。気になる全国平均のデータと見比べてみましょう。
7776

夫婦の結婚当初の家計収支はいくら?

2人で平均452,356円もらってる

総務省「家計調査年報」の2016年平均初婚年齢は夫は31.1歳・妻は29.4歳(2016年調査)になっています。30歳前後で結婚した夫婦の結婚当初の家計収支は一般的に「黒字」となることが多いようです。子供の教育費や住宅取得といった将来の支出に備え、貯蓄などの資産形成プランを考えておきたいところですね。

1ヶ月の支出の平均は342,707円

世帯主の収入の平均は、388,675円。配偶者の収入の平均は、63,681円です。平均支出が約34.3万円となっている家庭は何にいくらかかっているのでしょうか?

外食と自炊を合わせた食費の平均は?

1ヶ月あたり平均65,997円

2人合わせた食費は、外食と自炊を含めて1ヶ月あたり平均65,997円となっています。毎日自炊をしたり、お弁当を作っていたとしても、たまには外食をしたくなりますよね。もし貯金をする場合には、外食と自炊を含めて月にいくらまでにするのかという予算を先に決めてしまいましょう。

使うお金と使わないお金を月の初めに決めておくことによって、計画的に貯金することができそうです。1人分でも2人分でも料理を作る量は変わらないという意見もありますが、パートナーがいるときちんとした食事を作らなければならないと感じ、食費にお金をかける人も少なくないようです。

毎月かかってくる水道・光熱費の平均は?

1ヶ月あたり平均17,895円

水道・光熱費は、1人暮らしの場合とあまり変わらない人が多いようです。日中は仕事で出かけていたり、昼間は電気をつけないなどのこまめな節約で少し費用を抑えることができそうです。

洋服や靴代にお金をかけない人が多い?

1ヶ月あたり平均12,674円

必要な分だけ洋服や靴を購入するものの、ファストファッションや低価格でも良質なブランドが増えてきた影響で、洋服や靴の費用にお金をあまりかけない人が増えています。毎年流行のものを購入するというよりも、長く着られるものを買う人が増えているのかもしれません。

ケガや病気に備えたい!保険・医療費の平均は?

1ヶ月あたり平均9,614円

万が一のために保険・医療費にかけているのは、2人でも1万円未満が平均になっています。結婚して子供ができた後に生命保険を見直す人も多いそうです。

子供が生まれた後は学資保険や、子供のための生命保険など、万が一に関する保険・医療費が増える可能性があります。あなたが安心できるようにしっかりサポートしておきたいですね。

意外とかかる交通費と通信費の平均は?

1ヶ月あたり平均46,734円

結婚しても独身時代とあまり費用が変わらない人が多いのが、通勤や移動のための交通費と、ケータイやPCなどの通信費です。結婚を機に2人がアクセスのしやすい場所に引っ越す場合もあれば、結婚前から同棲している場合はそのまま同じ家に住み続ける人も少なくありません。

交通費と通信費は、毎月大きく変動するものでもないので、ライフスタイルに合わせてケータイやPCのプランなどを見直す人もいます。

自分磨きしたい!教育と娯楽費用の平均は?

1ヶ月あたり平均27,554円

結婚しても趣味や未来のための自己投資や勉強を続けていく人が多いようです。出産した後は、確保できる自分一人の時間がグッと減るので、二人暮らしのうちに自分の世界を深めていく人も多いのでしょう。

2人で新しい趣味を深めて、2人の仲をより深いものにするためにも娯楽や教育費は大切な費用になります。

お付き合いも大事!交際費の平均は?

1ヶ月あたり平均43,321円

職場や友人との外食、交際費は2人でかなりかかってきそうです。結婚した後はお互いの家族や親戚とのお付き合いが増える人も少なくありません。交際費が高くなりそうな月は、その他の食費を自炊にするなど、少し節約を意識するといいかもしれません。

しっかり払っておこう!税・社会保険料の平均は?

1ヶ月あたり平均84,202円

税金や社会保険料は、給料から自動的に天引きされている方もいれば、毎月口座から引き落とされたり、自ら払いに行っている人もいるでしょう。具体的にいくら払っているのかを知りたい場合には、給与明細を見てみましょう。

平均を知って、現状を知っておこう

賢くセーブすれば貯金もできる!

2人で家庭を作っていくためには、あなただけではなく、彼の万が一の時のことも考えて将来を設計しておきたいところ。何歳の時に何にいくらかかるのかを書き出していき、何歳までにいくら貯金するのかを計画しておきましょう。

収入を増やす方法もありますが、支出を抑えることで少しずつでも貯金できます。彼とあなたの未来への夢や目標のためにも、少しずつお金を貯めていきませんか?小さな積み重ねを続けることで、2人の理想が現実に近づきます。

記事に関するお問い合わせ