無料の会員登録をすると
お気に入りができます

R指定映画って?エロスから社会派までおすすめの6作品

日本では映画作品が「G・PG12・R15+・R18+」の4種に区別されています。年齢制限の理由は様々。エロスから社会派まで女性が観て楽しめる作品をご紹介します。

カルチャー

今作は福山雅治さんや二階堂ふみさんなどのスターが出演したことで話題になりましたが、リリー・フランキーさんの演技にも絶賛の声があがっています。出演者の役者魂も要チェック!

SCOOP!通常版[DVD]

アミューズ

1枚の写真で世の中が騒然!カメラマンたちはどうやってスクープの瞬間を狙うのでしょうか。ハラハラどきどきの内容に思わず手に汗握ります。

商品詳細
SCOOP!通常版[DVD]
www.amazon.co.jp
商品詳細
映画公式サイト

⑤恋の罪(2011)

東電OL殺人事件を元ネタにした作品

邦画界の異端児・園子温(そのしおん)監督の作品は、R指定のものばかり。エロス、バイオレンス、グロテスクなシーンが満載でファンに男性が多いそうです。

しかし、2011年に製作された『恋の罪』は、珍しく女性票を集めたと話題になりました。1997年に起こった東電OL殺人事件を元ネタにしつつ、3人の女性の視点でSEXを描いているからでしょうか。

憶測が憶測を呼ぶ

東電OL殺人事件は事件発生から20年以上経過しました。未だ犯人は捕まっていません。映画を観たことで事件に興味を持つ方も多いそうです。渋谷の街でなにが起こったのか・・・気になりますね。

恋の罪[DVD]

Happinet

1997年・渋谷のラブホテル街で起こった東電OL殺人事件が元ネタになっています。園子温監督らしいスリルとエロスが満載。水野美紀さんのフルヌードも話題になりました。

商品詳細
恋の罪[DVD]
www.amazon.co.jp
商品詳細
映画公式サイト

⑥プレシャス(2009)

アメリカ貧困層にスポットを当てた小説を映画化

アカデミー助演女優賞ならびに脚色賞を獲得した作品もご紹介します。『プレシャス』は、アメリカの貧困層にスポットをあてた映画。社会の問題を浮き彫りにしました。

主演を努めたのはガボレイ・シディベ。父親に暴行され、子を出産、母親からも虐待をうける難しい役を見事演じきりました。

教育の必要性

ガボレイは主人公プレシャスと同じハーレム出身。彼女の家庭は裕福ではなかったそうですが、アルバイトをしながら大学へ通い、女優としての切符も掴んだそう。

記事に関するお問い合わせ