無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[京都]個性あふれるコーヒースタンド3選。おしゃれなラベルを片手に街散策を。

旅行・おでかけ

1.交差点角に現れた、タバコ屋のような一坪珈琲店〈MAMEBACO〉

左京区の珈琲焙煎所〈旅の音〉さん発のコーヒースタンドが、丸太町交差点にオープン。一目ではコーヒーを取り扱うお店とは認識できないタバコ屋に扮した佇まいで、本店同様淹れたてのハンドドリップを楽しめるほか、エスプレッソメニューも充実しています。

「杏仁コーヒー」602円(税別)

「クグロフ(抹茶)」240円(税別)

クラッシュした杏仁に、オリジナルブレンドのエスプレッソとミルク、仕上げにカスカラシロップ(コーヒーの果実で作ったシロップ)を加えたアレンジコーヒー。スイーツ感覚で楽しむことができるので、コーヒーはあまり得意じゃないけど飲んでみたい!という方にもおすすめ。
パティシエ特製のクグロフは期間限定のものを含め、現在計6種類。シンプルに“プレーン”、コーヒーショップだからこその“珈琲”、変化球に“檸檬”などなど個性豊かなクグロフの中に、京都らしい”抹茶”も。抹茶チョコレートに胡麻を塗したThe 和テイスト。それぞれ、気軽に食べられるサイズ感が嬉しいです。
これだけのこだわりが詰まったコーヒースタンドが、まさか一坪店舗であるとは...だからこそ、新しいお店と言えども街中の景色にすっと溶け込み、気軽に立ち寄ることができる魅力も秘めているということは言うまでもないです。
〈MAMEBACO(マメバコ)〉
■京都府京都市上京区烏丸通丸太町上る春日町435 アオキビル1F
■10:00〜19:00

2.コーヒースタンドとしての道を歩む歴史ある町家で一杯を。〈GOOD TIME COFFEE〉

築年数100年を超えた京町家をリノベーションし、今はコーヒースタンドとして愛される〈GOOD TIME COFFEE〉さん。大宮通りから西に入った小路にあり、店前に辿り着くまで分からないほど、街の景色にすっと溶け込んだ佇まい。一人穏やかにGOOD TIMEを過ごしたときにもぴったりな隠れ家です。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ