無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「ピンク」を1点投入でこんなに可愛い♡女性を魅力的に見せるメイク法

春、真っ盛り。明るい日射しに気分も上がり、いろいろなおしゃれにチャレンジしたくなりますよね。そんな前向きな気分を応援するのがピンクメイク。アイカラー、チーク、リップと、どこにピンクを使うかでもイメージが変わります。

2018年4月
メイク

ピンクは女性を魅力的に見せる色

お花でもお菓子でも、洋服でも、それがピンクだと、心が躍りませんか? 実はピンクには色幅があり、どのピンクを選ぶかによって、フェミニンからセクシーまでイメージを自在に楽しむことができます。

メイクにおいても、ピンクは主役の色。アイカラー、チーク、リップなど、カラーアイテムに、ピンクは欠かせません。自分に似合うピンクを見つけて、さらに可愛くなってみませんか?

どこにピンクを使うかがポイント!

Photos:Toshiyuki Furuya

甘い雰囲気を作りたいなら、アイカラー、チーク、リップ全部にピンクを使うのもありですが、あえて1点だけピンクを取り入れるのがおすすめ。さりげなく女らしい雰囲気を作り、上品な魅力で好感度を上げます。

Eye:目もとにピンクを使えば、色っぽ顔に!

少し前に目の下に赤を入れるアイメイクが流行しましたが、目もとに赤みのある色を使うと、色っぽい雰囲気に仕上がります。

Hair&Make Up:Aya Murakami

アイホール全体に明るいピンクをのばし、濃い目のピンクをアイラインに。腫れぼったく見えがちなピンクも、濃い色で引き締めればメリハリが生まれます。

ストライプYシャツ¥7,315(シスレー)

Open

濃淡2色だけでつくる、ピンクの目もと。やさしく、甘く、ほんのりセクシー。

Closed

アイホールの丸みに沿うように、淡いピンクを入れ、濃いピンクはまつげの際にライン使い。

使用したのはRMK

記事に関するお問い合わせ