無料の会員登録をすると
お気に入りができます

聞きたいけど聞けない生理事情「タンポンとナプキン」あなたはどっち派?

毎月やってくる生理。そこで欠かせないのが生理用品ですよね。みなさんはナプキン派?タンポン派?最近はタンポンを使用している女性も増えてきました。そこで、ナプキンとタンポンの使い分けやそれぞれのメリットデメリットについてご紹介します。

2018年4月
ライフスタイル

毎月の憂鬱な「女の子の日」

毎月やってくる生理は誰もが憂鬱になりがちですよね。たった1週間ですが、その1週間が長く感じてしまうほど。

www.pexels.com

生理用品はデリケート部分に使うものなので、使い心地や肌との相性も大事。ほとんどの人が決まった種類の生理用品を使っているのではないでしょうか。また、ナプキン派の人も多いためタンポンはよくわからないという声も。

www.pexels.com

そこで、ナプキンとタンポンそれぞれのメリットデメリットと使い分けについてご紹介します。違いがわかると上手に使い分けられるようになりますよ。

ナプキンとタンポン、どう違うの?

タンポンの特徴

タンポンは、レーヨン綿や脱脂綿が圧縮されて筒状になったもの。この筒状になったものがナプキンでいう吸収部分です。体内で経血を吸収するので不快などろっと経血を感じることはありません。

www.pexels.com

ナプキン同様、タンポンも品揃えは豊富!経血の量に合わせて使い分けることができます。膣内に入れるので多少の違和感はありますが、伝い漏れなどの心配もなくなるので生理だということを忘れるほど快適に過ごせます。

ナプキンの特徴

ナプキンは吸収体が入っており、経血が漏れないようにギャザーがついているものも多いです。ナプキンとショーツを固定する羽付きもありますね。スリムタイプから夜用など種類も多く、経血の量や状況に応じて使い分けができます。

www.pexels.com

デリケートな部分に直接あたるものなので、吸収力だけでなく素材にもこだわっている人が多いのではないでしょうか。また、簡単に取り替えることができるので便利。オーソドックスな生理用品なので使いやすさはばっちり!

タンポンは「蒸れにくくかぶれない」

タンポンの使い方

記事に関するお問い合わせ