無料の会員登録をすると
お気に入りができます

オニオングラタンスープに五目ひじき!?駒沢『おかずケーキ カヴァン』|by PARIS mag

毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は駒沢にある『おかずケーキ カヴァン』をご紹介します。

ことりっぷ編集部

グルメ

毎日の暮らしのなかで少しだけ心が弾むような豊かさをお届けするWEBマガジンPARIS mag(パリマグ)から、今回は駒沢にある『おかずケーキ カヴァン』をご紹介します。

PARIS mag パリマグ https://parismag.jp/

手土産やおもてなしメニューが、いつもお決まりでちょっぴり物足りない…、という方におすすめしたいケーキがあります。ケーキと言っても甘くない、ちょっと変わったケーキなんです。

駒沢大学駅から徒歩数分。1本路地へ入ったところにある『OCAZU CAKE Coven(おかずケーキ カヴァン)』です。どんなケーキを作っているのでしょう。お店の三島さんにお話をお聞きしました。

おかずケーキって?

「おかずケーキ」と聞くと、「おかずなの?ケーキなの…?」ときっと疑問が浮かぶはず。一体どんな食べ物なのでしょう?

「生地はケーキ生地でできているんですが、砂糖を少なくしているので甘くないケーキなんです。そのなかで、普段の食卓に出るような五目ひじきやオニオングラタンスープなど、さまざまなおかずを生地に混ぜこんだり、そのままごろっと入れたりして焼き上げています。惣菜パンや肉パンとちょっと近いイメージかもしれません」と三島さん。

生地と合わせるおかずもすべてお店で作っているのだそう。その名の通り、おかずのケーキなんですね。

「おかずケーキは、片手で食べられて栄養満点というのをコンセプトに作っています。かわいいキューブ状の形も、手のひらサイズで食べやすく、2等分や4等分にしてみんなでシェアして食べることもできて分けやすいようにこの形になりました」。

店名『カヴァン』は「魔女の集会」という意味。近くの駒沢公園を森のイメージで、そこでパーティを開いたり、ケーキを作ったりしているイメージで作ったのだそうです。

洋風おかず1番人気!オニオングラタンスープ

人気のメニューは「オニオングラタンスープ」! オープン当時から続く定番メニューなのだとか。オニオングラタンスープといえば、秋冬のパリのカフェでも王道のメニューですね。

「飴色に煮詰めた玉ねぎと生地を一緒に混ぜ込んで焼いているので、ケーキ全体でスープの味を楽しんでいただけます。食べやすさもあって、お子様からご年配の方までおいしいと言ってくださいます」と、うれしそうな三島さん。野菜嫌いのお子様や、食欲が落ちてしまう妊婦さんでも「おかずケーキだったら食べられる」と買いに来てくれるそうです。

チーズとパセリをトッピングして香ばしく焼きあがった「オニオングラタンスープ」。飴色玉ねぎの甘みと旨味が想像以上にしっかりとしていておいしい!

女性人気の和風おかず・五目ひじき

「五目ひじき」のケーキ

洋風なおかずケーキもあれば、和風のおかずケーキもあります。こちらが女性にも人気だという「五目ひじき」。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ