無料の会員登録をすると
お気に入りができます

落ち込んだときに読んでほしい♡自分を励ます8つのステップ

ライフスタイル

はぁ、落ち込んじゃうなぁ…

自分で自分を励まそう♡

生きていれば、落ち込んでしまうこともありますよね。特に女性はホルモン周期によって、気持ちが落ち込みやすい時期もあり、いつだってご機嫌でハッピーでいられるわけではありません。

Westend61 / Getty Images

気持ちがつらくなっても元気を呼び起こせればいいのですが、引きずってしまうときもあるでしょう。そこで、がくんと気持ちが落ち込んでしまったときに、自分で自分を励ます方法をステップを追って解説していきます。

1.自分を落ち込ませている原因を知る

つらくなる「核」が何なのかはっきりとさせる

落ち込んでいるのは、何かがあったから。心のつかえになっている出来事は何でしょう?あるいは何かがあるわけではないけれど、小さな積み重ねでつらくなっているなら、その細々とした出来事を挙げてみましょう。

MangoStar_Studio / Getty Images

悩んでいる、つらくなる「核」が何なのかはっきりとさせます。そして「このことについて考える」というテーマをしっかりと定めましょう。漠然と考え始めるよりも、テーマがあると頭の中を整理しやすくなります。

2.自分の気持ち・考えを正直に吐き出す

自分にも嘘をつかないで

落ち込んだ気持ちや考えたことを、正直に吐き出しましょう。頭の中で考えているだけだとパンクしそうになるので、ノートに書くなど“頭から出す”方法がベターです。

Photo by Antonio Uquiche / Unsplash

ここで自分の本心を隠そうとすると、どんどん本音がわからなくなります。「あー自分ってダメだ!」と感じても、それも自分なんだと受け入れて、許して。自分だけは自分に嘘を吐かず、本音や本心を出しましょう。

npdesignde / Getty Images

泣いたり、怒ったりしてもいいのです。出てきた感情を押さえつけず、自分の本音に寄り添ってあげてください。たまっていた感情を自分の中から出せると、それだけでも気持ちが少し軽くなることもあります。

3.「なぜ?」感じた理由を事実から導く

どうしてそう思った?

一通り本心を吐き出し、気持ちが落ち着いてきたら、どうしてそんな気持ち・考え・感情になったのか考えましょう。落ち込む理由として、何かしらの出来事、そして事実があるはずです。

記事に関するお問い合わせ