無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ここは雲の上?超絶景「びわ湖テラス」が今年もOPEN♡

絶景すぎるとウワサの「びわ湖テラス」をご存じですか?季節限定でお目見えする施設なのですが、2016年7月にオープンして3年目、今年のグリーンシーズンも4月14日に堂々オープンしました!まだまだ進化が止まらないテラスの魅力に迫ります♡

2018年5月
旅行・おでかけ

「びわ湖テラス」って?

www.biwako-valley.com

冬にはスキーを楽しむ人で賑わう「びわ湖バレイ」。ここで、雪がない季節(グリーンシーズン)だけ楽しめるのが「びわ湖テラス」です。2016年7月22日に誕生して3年目、今年も4月14日にオープンしました。

ちゅらりんこ♡ on Instagram: “ずっと行ってみたかった琵琶湖テラス。  天気予報、雨女には珍しい☀の予報。 テンション上げて行ってみたものの、見事にどんより空。 しかもPM2.5の影響で下なんも見えへんし。  琵琶湖一望!って、真っ白やん~(T∇T)  ただただ人が多くて、写真撮るのも一苦労。…”
instagram.com

山麓から5分、ロープウェイの空中散歩を楽しんで山頂に到着。そこに広がる景色は別世界!日本一大きな湖「琵琶湖」を北から南まで一望できる大パノラマは、鳥肌が立つほどの絶景が広がっています。

m i t s u k a _ 2 4 on Instagram: “* * 今日はずっと行ってみたかった 琵琶湖テラスへ🚗💨 最近滋賀に行く率高い気がする👀🌱 * * とりあえずGWの恐ろしさっていう 渋滞&ついてからの人の多さで cafeも行きたかったけど行列すぎるし 写真撮るだけでいっぱいいっぱい😅💦 * *…”
instagram.com

開放感あふれる絶景テラスとカフェ、四季を感じる遊歩道など、そこはすべてが非日常的な空間。水と山、それぞれのいいとこ取りをした、まさに贅沢なリゾート地です。ケージがあればワンちゃんOKなのもうれしいですね♡

2つのテラスを楽しもう♡

ℒuℒu on Instagram: “* びわ湖テラスからさらに リフトを2本乗り継いだ先には…❓ * 標高1,174m、視界360° 山と湖と空が繋がる 絶景カフェが待っていました😍 * . . .  撮影日20170824#cafe360 #びわ湖バレイ #写真撮ってる人と繋がりたい…”
instagram.com

①びわ湖テラス THE MAIN

www.biwako-valley.com

標高1108m、2016年オープン当初からあるのが「THE MAIN」。何にも邪魔されることのない、クリアな視界で大パノラマのな琵琶湖を一望できるウッド調のテラスが3段、階段状に設置されています。

k.c on Instagram: “※ ※ 滋賀へ(´ー`) やっといけた!! 凄く綺麗な景色で最高でした🤩 また行きたい。滋賀!! 1日じゃ行きたいところ周りきれなかった。 ※ ※ #滋賀県 #滋賀カフェ #琵琶湖 #琵琶湖テラス #ロープウェイ #琵琶湖バレイ  #旅行 #タビジョ#旅好きの人と繋がりたい…”
instagram.com

実は、このテラスには転落防止用の柵がありません。テラスの縁には水盤を敷き立ち入ることができない仕組み。これがクリアな視界を叶える「見えない柵」の正体。絶景を楽しんでもらうためのこだわりを感じますね。

mks on Instagram: “滋賀#びわ湖バレイ#びわ湖テラス #空
#稲葉浩志#水平線

水平線はあの日のように
柔らかく真っ直ぐに横たわる
とめどなくあふれる
それは永遠のBLUE
by稲葉浩志

空と雲と水と青と好きな曲
いい1日でした✨”
instagram.com

カフェの大きな窓の先にあるのが最上段の特等席。水盤に美しく空が映り込み、キラキラと幻想的な世界を楽しむことができます。

www.biwako-valley.com

チェア席に座れば、圧巻の大パノラマを楽しめますよ。中段は、心地良い風が吹き抜けるソファ席。ゆったりと優雅な時間が流れます。

Emi🌴days on Instagram: “𓆉𓇼 🗓2017.11.07 * はろはろ~😙🤙🏾💙 月日の流れが早すぎる💥←急に何w * * 去年の今頃行ったびわ湖テラス🌈🌈💙 いっぱいpic撮ったのにpost出来ずやったから最近行ったかの様に😏←詐欺w 今更何枚かあげさせて🙏🏾🙏🏾❤️…”
instagram.com

フォトジェニックを狙うなら、最下段がオススメ。琵琶湖に一番近く、テラスの先端に位置します。足元の水盤と琵琶湖の境界線が無いので、自分が琵琶湖に浮かんでいるような幻想的な体験ができますよ。

味にこだわるCafe

エキナカキッチン

www.biwako-valley.com

カフェも、この春にリニューアルしました。ロープウェイ山頂駅降りてすぐにあるのが「エキナカキッチン」。麺類や丼物の他バーガー類もそろった、お料理と絶景を思いっきり楽しめるレストランです。

メニューはこちら

ダイニングレイクビュー

www.biwako-valley.com

ちょっと贅沢に、それなら「ダイニングレイクビュー」がオススメ。60分間のブッフェスタイルで、大人2000円で楽しめますよ。シェフこだわりのお料理はとても豪華。もちろん絶景も楽しめるセッティングです。

メニューはこちら
www.biwako-valley.com

お天気のいい日は、青空の下でランチもいいですよね。ランチを1800円でテイクアウトすることも可能なんです。心地よい風を感じながら、シェフご自慢のお料理をいただく、こんな贅沢は琵琶湖テラスならでは♡

②びわ湖テラス CAFE360

Aki Sayama on Instagram: “蓬莱山頂にこの夏出来たテラス、cafe360✨  仕事ある日は行けないので、ちょっくら見に行って来ました☺  デッキ部分が広すぎて、良い写真が、撮れなかった😣 全体図をちゃんと撮るべきだったと後悔😣 けど、すごく広くて、琵琶湖と山のコラボレーションが絶景でしたよ〜✨✨…”
instagram.com

標高1174m、「THE MAIN」から2つのリフトを乗り継いだ先にあるのが「CAFE360」。昨年誕生した新しいスポットです。

www.biwako-valley.com

開放感のあるアーチ状のデッキから一望できる景色は、まばたきも惜しいほど壮大。どうでしょう!この眺め。

www.biwako-valley.com

デッキの一段下にあるのが琵琶湖を一望できるプレミアムシート。こちらは予約制(土日祝)です。45分3,000円で、混雑しているときもゆったりと過ごすことができますよ。※1シート2名まで、2ドリンク付き

www.biwako-valley.com

他にも見どころ満載!

日本最速のロープウェイ

masamichi shimizu on Instagram: “今日はびわ湖バレイへ~📷 人は多かったけど、天気最高☀✨ 夕方の山頂の寒さハンパ無い🌁⛄🌁笑  #しがトコ #滋賀#カフェ #おしゃれカフェ#びわ湖テラス #絶景  #sky#青空#ロープウェイ #lovers_nippon #cafe #ptk_japan…”
instagram.com

秒速12m(4月~11月は秒速7m)という日本最速のロープウェイで、標高1,100m(全長1,783m)の山頂まであっという間に到着です。眼下に広がる大迫力の琵琶湖をしっかり堪能しましょう。

恋人の聖地「湖空の鐘」

i.am.naaaaao

ロープウェイ山頂駅のすぐ隣、もしくはテラスから木道を少し歩き進むと、琵琶湖にせり出すようにハート形の「恋人の聖地」があります。白亜の空間で、琵琶湖の壮大な絶景と2人だけの時間を過ごしませんか?

アクティビティ

ℒuℒu on Instagram: “* 空まで飛んで行きそうな絶景ブランコ🎶 息子はビビって乗らなかった🤣💦(笑) * . . 滋賀県びわ湖バレイ . . #写真撮ってる人と繋がりたい  #tokyocameraclub #pics_jp #art_of_japan_#LOVES_NIPPON…”
instagram.com

びわ湖テラスの楽しみ方は絶景だけではありません。自然と一体化になって体を動かせるアクティビティもありますよ。空に放り出されそうなブランコはとても人気。風を感じながら眺める景色は、本当に最高です。

www.biwako-valley.com

琵琶湖の上を滑っていく「ジップライン」。今、このときしか見ることができない景色を独り占めできる体験です。怖さよりも、絶景に対する感動の方が大きく、一同体験するとハマるんだとか。

天空のリゾートを独り占め♡

ℒuℒu on Instagram: “. . @bestphoto_japan さんに featureしていただきました✨ . . . * 雲の上から、おっはよー🎶 * 滋賀県・びわ湖テラス * . .  #写真撮ってる人と繋がりたい  #tokyocameraclub #pics_jp…”
instagram.com

どこまでも続く青い空と湖、目の高さにある白い雲と眼下に広がる緑の大自然。この贅沢な景色で心も体も癒されます。都会から離れて、素敵な時間を過ごしませんか?

住所:〒520-0514 滋賀県大津市木戸1547-1
電話:077-592-1155
時間:9:30~17:00(土日祝/8月は9:00~)
※2018年のグリーンシーズンは12月2日まで

びわ湖バレイ/びわ湖テラス
記事に関するお問い合わせ