無料の会員登録をすると
お気に入りができます

付き合いが長い人こそ試したい♡彼の気持ちが上がるさりげないLINE

付き合い当初は彼とのLINEのやりとりを頻繁にするのが楽しかったのに、付き合いが長くなってくると、家族のようにおざなりになりがちですよね。用件しか送り合わないLINEは少し寂しさを感じる人もいます。彼の心が温かくなるようなLINEを送りませんか?

2018年4月
恋愛・結婚

彼の気持ちを上げるLINEしてる?

内容が用件だけになりがち

付き合い始めは彼とのLINEのやりとりの一つ一つが貴重で、気を遣った内容だったはずなのに、交際期間が長くなってくると短文になり、用件だけのLINEになってしまいがちです。あなたからの連絡がある時は、何か用事がある時だろうと彼も感じているかもしれません。

彼の気持ちが温かくなるようなLINEはどんな風に送ればいいのでしょうか?いつまでもラブラブなカップルは、ささいなやりとりも大事にします。今からすぐにでも送れそうな内容をご紹介しましょう。

⒈「すごいね」「さすがだね」

あなたとのLINEのやりとりが少し雑になってきたのは、二人の関係に慣れてきたということも確かにあるかもしれません。しかし果たしてそれだけでしょうか?もしかしたら彼があなたにLINEをしても仕方ないと感じているからかもしれません。

彼の報告には褒めて認めること

彼が嬉しかったことや楽しかったことをLINEで報告して来た場合には、きちん褒めて認めるようにしましょう。長文である必要はありません。「すごいね」「さすがだね」といった短文でいいので、彼の嬉しい気持ちに同調しましょう。彼はあなたに一緒に喜んでほしいと思っているのです。

⒉「美味しいご飯作ったよ」

言葉ではなく、行動によって愛情を表現する男性も多いもの。彼がどんな内容のLINEを送っているかは、どのくらいあなたに関心を持っているかにも比例します。男性が離れられなくなる女性の条件の一つとして、料理上手であることが挙げられます。

早く帰りたくなるから

同棲中など一緒に住んでいるカップルや、おうちデートの日には、あなたが彼のために食事を作っているところを写真と共に送ってみましょう。美味しそうな食事が並んでいる写真を見て、彼は早く仕事を終わらせて帰宅したくなるはずです。彼がワクワクするようなLINEを送ってみましょう。

⒊「〇〇君ならできるよ!」

不安な時や相談したい時にも、彼はあなたに連絡をしたくなります。彼が落ち込んでいる時や不安な時、大切な仕事の前には、あなたからメッセージをもらいたいと思っています。複雑で具体的なアドバイスよりも、むしろシンプルな言葉を選びましょう。

記事に関するお問い合わせ