無料の会員登録をすると
お気に入りができます

もっと夢中にさせる♡彼がキスされると感じるテク&嬉しいパーツ6選

彼とイチャイチャする時間は幸せな気持ちになりますよね。あなたともっと触れていたいと感じてもらうために、くちびる以外のキスとテクニックも研究していきましょう。あなたからのキスでより彼を好きにさせることができるかもしれませんよ。

2018年4月

くちびる以外にもキスしてる?

キスに自信のない女性が多い

彼とキスはしているけれど、正直キスには自信を持てないという人は少なくありません。彼にどんな風にキスをすれば気持ちいいのか、迷ってしまったり、つい恥ずかしくなってしまったりするのは、どうしたらいいのでしょうか?

そもそも気持ちいいキスとはどういったものなのでしょうか?キスがうまいと感じてもらうためのポイントと彼に喜ばれるパーツをご紹介しましょう。

1.雰囲気と視線でキスを盛り上げる演出

キスが気持ちいいかどうかは「彼」が決める

あなたがキスがうまいかどうかを研究する時に、つい唇や舌の動きなどに注目しがちですよね。しかしその動き以前に、キスする前の視線や仕草も重要なポイントなのです。キスをしそうになった雰囲気の時に、男性の目をじっと見つめて、照れながら視線を逸らせてみます。

あなたからキスをされそうと感じ、ドキドキする気持ちが、より彼の気持ちを盛り上げます。キスする前のアイコンタクトや表情、仕草を使って、二人の雰囲気を盛り上げましょう。

⒉ゆっくり焦らすことも大事

3秒待って、焦らす

付き合いが長くなってくると、キスをする前の雰囲気作りも雑になることもありますが、二人でゆっくりしている時間は「雰囲気作りもキスのうち」と考えて、演出をするようにしましょう。彼がキスをしたい気持ちが高ぶってきたら、唇が触れるか触れないかのところで焦らしましょう。具体的には、キスをする前に3秒、そこでストップします。彼はあなたに触れたい気持ちでいっぱいになります。

⒊リラックスしよう

緊張すると、リードできなくなる

どうしたらいいかわからなくなると、キスの前に緊張してしまいがちです。リラックスして唇の感覚に集中するようにします。そして彼の息遣いやテンポを感じて、リズムを合わせるようにしましょう。あなたがリラックスしていると、彼もリラックスしてキスされることに集中できます。

4.「首」はムラムラしちゃう

彼をムラムラさせたいなら、首筋にキスをしてみましょう。ゆっくり彼の首筋をキスすると、彼が感じている顔を見れるかもしれません。早くキスをするのではなく、時間をたっぷりかけてキスをすることによって、あなたの息遣いを彼に伝えられます。人によっては、首筋がくすぐったいという人もいるので、様子を見つつ挑戦してみましょう。

記事に関するお問い合わせ