無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬が飼い主を喜ばせるためにしている行動5選

ペット

1.顔を舐める

犬は飼い主に対して口や顔をペロペロと舐めることがよくあります。この犬が相手の口や顔を舐めるという行為は『愛情表現』の1つとなり、相手に「大好きだよ~!」という自分の気持ちを伝えているといえます。

子犬が母犬に甘えたりご飯をねだったりする方法として口や顔を舐めるそうで、そういった幼いころからの名残として家族である飼い主、そして好意をよせる人に口などを舐めて好意を伝えることがあるようです。

いつも愛犬に舐められたときにあなたが嬉しそうにしているのでしたら、愛犬が「舐めたら喜んでくれる!」と感じて口元を舐めているのかもしれませんね。

2.飼い主に褒められることをする

観察力が優れている犬は飼い主に褒められやすい行動をして、飼い主を喜ばせようとすることがあります。

例えば飼い主のいうことをキチンと聞く、イタズラをしない、目の前に食べ物があっても知らんぷりをする、飼い主が用事をしているときは静かにジッと待っている、といった普段の生活でよく見かける犬の行動は一見ごく当たり前のように感じるかもしれませんが、意外とひそかに犬が飼い主が喜んでもらうためにしている行動だったりするのです。

「飼い主のいうことを聞いたら喜んでくれた♪」「ティッシュで遊ばないようにしたら飼い主が優しくなった~」「おとなしく待っていたら後でたくさん遊んでもらえる♪」そう感じて犬は飼い主が喜びそうなことを行っていることがよくあるそうですよ。

ちなみに、良いことをしていたらご褒美がもらえる!と思って飼い主にとっての『お利口な子』になっている犬も少なからずいるといえますよ。

3.おもちゃを持ってくる

おもちゃを使って遊ぶのが大好きな犬は飼い主に喜んでもらおうと感じて、飼い主の元におもちゃを持ってくることがあります。愛犬が自分の大切にしているおもちゃを渡そうとしてきたら愛らしく感じずにはいられませんね。

また、犬がおもちゃを持ってくるときは「僕と一緒に遊んで♪」と遊びに誘っていることも多いといえますので、一緒に遊んであげると良いスキンシップになること間違いなしです。

4.可愛い仕草をする

愛犬が首を傾げたときに「可愛い~!」と言いながら可愛がる、仰向けになりながら見つめてきたときは可愛いあまり思わずお腹をモフモフする、愛犬が前足や鼻先でツンツンしてきたときによく構ってあげる、といったように、愛犬が可愛い仕草をしてきたときに可愛がることが多いのでしたら、愛犬は「ふむふむ、こうすれば飼い主は喜んでくれるんだな」と感じながら飼い主に喜んでもらったり構ってもらったりするために可愛い仕草や行動を行っている可能性があります。

また愛犬が可愛い仕草をしたとき…甘えた声で「クーンクーン」と鳴いたり、切なそうにジーっと見つめてきたりしたときにあなたがオヤツをよくあげているのでしたら、愛犬はオヤツをもらうために小悪魔的な仕草を行っている可能性が非常に高いといえるでしょう。なんとも賢い犬の一面だと思わずにはいられませんね。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ