無料の会員登録をすると
お気に入りができます

素朴で力強い味わいが魅力。 旅の朝ごはんは、パンで決まり!店主の愛が宿る。注目必須[沖縄のベーカリー]7選

いま、沖縄の〝ベーカリー事情〞は、大きく変化している。良質な小麦や水、豊富な県産の食材、自家製の天然酵母を使ったパン屋さんが、続々とオープンし、地元はもちろん〝内地〞からわざわざ訪れる人も後を絶たない。そんな、今ホットな沖縄のおすすめベーカリーをご紹介します。

編集部 / Hanako編集部

旅行・おでかけ

1.石窯と自家製酵母でパンのおいしさを追求。〈石窯パン処 ときはや〉/北中城

〈宗像堂(むなかたどう)〉で酵母の扱いやパン作りの感性を学んだ店主が営む話題店。人参やリンゴから酵母をおこし、手作りの石窯で味わい深いパンを焼く。

石窯と自家製酵母でパンのおいしさを追求し、多彩なサンドイッチやパンプレートも人気。毎日食べても飽きないパンを目指している。揚げたてコロッケサンド450円

石窯パン処 ときはや
沖縄県

石窯パン処 ときはや

2.通う楽しみが満載のベーカリーカフェ。〈oHacorté Bakery〉/那覇

ベーカリーとグローサリーとカフェを併設した“食と住”のコンセプトショップ。通う楽しみが満載のベーカリーカフェでもある。

卵やバターをたっぷり使ったブリオッシュはファン多数。美ら島豚のソーセージややんばる産の野菜など、県産の食材も購入できる。「パン屋さんのたまごサンド」380円

oHacorté Bakery
沖縄県

oHacorté Bakery

3.地元の素材を使った味わい深いパンが人気。〈麦焼屋〉/恩納

薪で火をおこし、石窯を使ってパンを焼く“原始的”な製法にこだわるのは素材の力を大切にしたいという思いから。薪窯で焼いて小麦の風味を引き出しているのだとか。

伊江島産の小麦粉や沖縄の塩などを使ったパンなど、地元の素材を使った素朴で豊かな味わいが人気だ。「クランベリーショコラ」300円

麦焼屋
沖縄県

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ