無料の会員登録をすると
お気に入りができます

憧れの"天使の羽を"GET♡ほぐす&鍛えるで「背中美人」をめざそう!

"天使の羽"が生えたような、肩甲骨がくっきりと浮き出た美背中は永遠の憧れ♡今回は、夏前の今から始めたい、肩甲骨まわりをほぐして鍛えるメソッドをご紹介します。どれも気軽にできるものなので、ぜひおうちで始めてみてください!

美容

夏までに目指したい、背中美人

背中が綺麗な人は、思わず見惚れてしまいますよね。特に印象的なのは、肩甲骨がくっきりと浮き出た、まるで"天使の羽"が生えたような背中。そんな背中に憧れるという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、夏までに「背中美人」を目指すべく、肩甲骨まわりをにフォーカスしたメソッドをご紹介します。背中周りをほぐす&鍛える動きは、背中の疲れの解消にもうってつけですよ♡

どうして?背中の肩甲骨が出ない理由

猫背と巻き肩が原因

肩甲骨がキレイに見えないという方は、普段デスクワークなどで猫背や巻き肩といった姿勢不良の方がほとんど。猫背で肩甲骨が外側へ、巻き肩で肩甲骨が前に引っ張られていると、内側にキュッと寄った"天使の羽"を作り出すには程遠い状態に。

さらに血行不良によりカチコチに固まった背中は、動かしづらいという方も多いはず。お風呂上がりなど、血行の巡りが良くなっているときに動かしてあげると、少しずつ可動域が広がっていきますよ♡

おうちでできる♡簡単2STEP

キュッと内側に寄った"天使の羽"を作り出すには、まずは肩甲骨を動かしやすくするために、「ほぐす」動きが必須。その上で、上がった肩を下げたり、離れすぎた肩甲骨を内側に寄せる筋肉を「鍛える」動きも追加していきましょう!

STEP1 肘や腕を使って、肩甲骨まわりを「ほぐす」

まずは肩まわしから。両手の指先を肩の上に乗せて、肘でなるべく大きく円を描くように回していきます。外回しと内回しを10回ずつ行いましょう。

Laina Lovegrove on Instagram: “I always try to start and finish my day with yoga. Gentle stretching tonight before bedtime. This gentle pose is great for opening the…”
instagram.com

次は背中の後ろで指を絡ませ、肘をまっすぐ伸ばしながら、なるべく腕を上に引き上げます。余裕があれば手のひらをクルンと返すと、さらにGOOD!10秒キープを3回行います。

STEP2 筋肉を使い、肩甲骨を寄せて「鍛える」

肩甲骨を寄せる動きは、タオル使った動きが簡単で効果的です。タオルの両端を掴んで頭の上に持っていき、肘を曲げて肩甲骨を寄せていきます。ポイントは、肩をしっかり下げながら、肘を後ろ側で寄せ合うことです。10回繰り返します。

Alison Bruton on Instagram: “Go past the surface. Beyond the small talk. And, Into the depths  Of being human.  Join @bodywork83 and I on retreat in Borneo to explore…”
instagram.com
記事に関するお問い合わせ