無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分の心を上手に守ろう! 他人の「悪意」を受け取らない3つの方法

ライフスタイル

(AaronAmat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

他人のトゲのある一言に傷ついたり、悪意を感じ取って疲弊したり。生活する上でつい直面してしまう他人の悪意を、どうすれば受け取らずにいられるのでしょうか?

自分の心を上手に守る方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

①本音を想像

「他人に嫌なことを言われたときは、言葉をそのまま受け取らずに、相手の本音を想像するようにしています。職場の先輩に、『今の若い人は残業しないでいいよなぁ』と言われたんですけど…。まぁ、聞いた瞬間はイラッとしますけど(笑)
どうしてそんなこと言うのかな〜と考えてみると、先輩も本当は残業したくなかったのに、残業を強要されたことがあったのかなぁって思ったんですよね。
なんかかわいそうだなぁ、やりたくない仕事やらされて不憫だわ…って。私への批判ではなく、相手が自分に満足できていないからこその言葉なんだなと思うと、イライラが消えていくんです」(20代・女性)

関連記事:「あの一言が頭から消えない…」 誰かに言われたモヤモヤ、どう解消する?

②SNSならミュート

「SNSを見ていると、ふと他人の悪意ある投稿が視界に入ってくるときってあるじゃないですか。言葉にトゲがあったり、誰かを攻撃していたり…。視界に入るだけで気持ちがすり減るので、気づいたときにすぐにミュートするようにしています。
ブロックしてもいいんですけど、そういう投稿をする人って、ブロックしたことに気づくとこちらに攻撃してくる場合もあるから…。相手の投稿を見えないようにするだけで、ホッとするんですよね」(20代・女性)

③ぼんやり防御

「他人の悪意は、気づかないふりして取り合わないのが一番だと思います。悪意を隠さずにぶつけてくる人って、こちらが傷ついたり、うろたえている様子を見たいんですよ。
いちいち素直に反応するのも面倒なので、なにか言ってるな~と思いながら、まともに返答しないようにしています。『はぁ』『ん~、はい~』と、ぼんやりした口調で流すことが多いです。
言っても無駄だと思うのか、早々に立ち去ってくれますよ。貴重な時間を、自分の意見を押し付けてくる相手に消費されたくないですもんね」(20代・女性)

相手の言葉を素直に受け取って傷つくのも、なんたが悔しいですよね。

相手の言葉は相手のものとして、受取拒否の気持ちを忘れずに過ごしていきましょう!

(文/fumumu編集部・くまのなな)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ