無料の会員登録をすると
お気に入りができます

実はこんなに使えるんです♡コンシーラーの使い道アレコレ解説します!

コンシーラーが実は多機能なコスメだと知っていますか?正しく使えばメイクの仕上がりも格段にアップします。そんなコンシーラーのさまざまな使い方を学びましょう。

メイク

コンシーラーって実は多機能!

思っているより使い道がたくさんある♡

コンシーラーは肌ムラを整えて美肌に見せてくれるコスメ。実は様々な使い道があることをご存じですか?コンシーラーの使い方をマスターするだけでいつものメイクを格上げすることも可能です。

そんなコンシーラーの様々な使い方を詳しくご紹介します。

定番の使い方

シミを隠す

シミを隠すときは明るめのコンシーラーを使い、さらに自分の肌色と近いパウダーファンデを重ねるのがおすすめです。シミの色をコンシーラーで補正し、自然な肌に見せるためにファンデを重ねることで、うまく隠せます。

コンシーラー単色でカバーしたいなら、自分の肌より少し暗めの色を使うと自然に隠せます。表情を動かしてよれやすい目元や口元は柔らかめのテクスチャー、そうではない頬などは硬めのテクスチャーでしっかりとカバーしましょう。

ニキビを隠す

ニキビを隠すときは、自分の肌より少し濃い色のコンシーラーを塗ることで、ニキビの色味を抑えます。そこに自分の肌に近い色のコンシーラーを重ねることで、自然に隠せます。

ポイントは自分の肌に近い色を塗るときに、ニキビに直接塗らないこと。ニキビの周りにコンシーラーをのせて、指でぽんぽんとなじませると自然に色づきます。肌に馴染ませるというより、カラーで覆うイメージで。

Photo by Melan Cholia / Unsplash

肌トラブルをコンシーラーで隠したいときは、優しい成分のものを使えば肌荒れを悪化させる可能性が少なくなります。成分にも注目して選びましょう。

目の下のクマを隠す

目の下のクマは肌がくすんでいるので、カラーを修正することから始めましょう。コンシーラーの中でも赤みがかった色を塗ることでクマのくすみを飛ばせます。

手元に赤みがかった色のコンシーラーがない場合は、クマに赤チークや赤リップを指でぽんぽんと塗り、白のコンシーラーを重ねるとうまく隠れます。目元はよれやすいので、柔らかく肌なじみの良いテクスチャーのコンシーラーを使いましょう。

記事に関するお問い合わせ