無料の会員登録をすると
お気に入りができます

その温度で大丈夫?意外と知らない正しい「コテの温度設定」

髪の毛のスタイリングには欠かせないコテですが、正しい設定温度で使えていますか?もし間違った温度で使っているとスタイリングの持ちが悪くなったり、髪が傷んでしまったりすることもあるんです。そこで髪型や髪質に合わせた「コテの正しい設定温度」を解説します。

2018年5月
ヘアスタイル

コテは何度で使うのが正解?

正しい設定温度が知りたいの

日々髪の毛をスタイリングするのにコテは欠かせないアイテムですが、正しい温度設定を知らずに使ってはいませんか?

Media?size=l
instagram.com

間違った温度だと髪型の持ちが悪くなったり、髪の毛に大ダメージを与えている可能性があります。そこで髪質・なりたい髪型別で、正しいコテの温度設定をご紹介します。

コテの設定温度の基本

初心者は140~150度

髪は高温×短時間のコテで巻くとキレイに仕上がりますが、初心者には難しいです。そのためコテに使い慣れていない人は140度以下の低めの温度で使うのがベターです。もしカールがつきにくいなら150度前後でもOK。

低温の場合は髪をコテに巻き付けて、5~10秒ほどキープするとくるんとキレイに仕上がりますよ。

上級者は160~180度

髪を巻くのに慣れている人は、160~180度と高めの設定温度でもOK。長時間巻き付けると髪の毛が痛んでしまうので、高温の場合は3秒キープなど短時間で巻き上げましょう。

髪質別コテ設定温度

ストレートヘアは150~160度

Media?size=l
instagram.com

ストレートでクセのない髪はカールが付きやすいので、設定温度はやや低めの150~160度がおすすめです。

クセっ毛は170~180度

Media?size=l
instagram.com

クセっ毛さんはクセを直しつつカールを付けなければいけないので、170~180度とやや高めの温度だとキレイに仕上がります。

髪の硬さ別コテの設定温度

硬い毛質は170~180度

Media?size=l
instagram.com

毛質が硬いとカールが付きにくいので、コテの温度は170~180度と高めがおすすめです。

普通の髪質は160~170度

Media?size=l
instagram.com

髪質が硬くも柔らかくもない中間ほどであれば、コテの温度も中間。160~170度ほどにしましょう。

軟らかい髪質は150~160度

Media?size=l
instagram.com

毛質が柔らかい人はカールが付きやすいので、コテの温度は150~160度と低めがおすすめ。軟らかい髪だと毛が細くダメージも受けやすい場合が多いので、パサつきがちの方はさらに低めの温度にしましょう。

髪のダメージ別のコテ設定温度

パサつき髪には130~160度

髪の毛がパサついてまとまりがないなどダメージを受けている場合は、コテの温度が高いとさらに髪を傷つけてしまいます。温度設定は低めで。できれば130度前後が髪には優しいです。

とはいえ温度が低いのでスタイリングのキープ力は下がります。キープ力を高めたいのであれば150~160度と少し温度を上げても良いです。

ダメージのない髪には160~180度

Media?size=l
instagram.com

ダメージを受けていない髪であれば高温×短時間でセットするとキレイに仕上がります。160~180度がおすすめです。

なりたい髪型別のコテ設定温度

Media?size=l
instagram.com

上記を見ながら実際にコテを使ってみると、髪質や髪のダメージ具合によって自分にベストな設定温度がわかるはず。その上で髪型に合わせた温度もチェックしましょう。

毛先が重めの髪は温度を高く

Media?size=l
instagram.com

ワンレングスなど毛先が重めな髪型の場合は、コテの温度は高めにしましょう。髪に厚みがあってカールがつきにくいため、温度を高くすると良いです。

毛先が軽めの髪は温度を低く

Media?size=l
instagram.com

毛先が軽い髪型の場合は、髪も薄くてすぐにカールがつくためコテの温度は低めで良いです。

前髪がうまくカールできない人は温度を低く

Media?size=l
instagram.com

前髪のカールがうまくできず直線的になってしまうとお悩みの方はいませんか?それはコテの温度が高い可能性があります。いつもよりもコテの温度を低く設定して前髪をスタイリングしてみましょう。

カールをキープするスタイリング剤

洗い流さないトリートメントの直後はNG

洗い流さないトリートメントをつけると髪の毛が重たくなり、カールがつきにくくなってしまいます。そうするとコテの温度を高くする必要があるので髪が傷みやすくなってしまいます。

Media?size=l
instagram.com

トリートメントはできればつけない方が良いです。どうしてもつけたいなら薄くつけるか、もしくはコテでスタイリングしてからつけるようにしましょう。

カールミストはしっかり乾かす

カールの持ちを良くするカールミスト。しかし、使用してからすぐにコテを使うのはNG。ジュッと音がして煙が出ることもありますが、これはかなり髪には大ダメージなんです。

Media?size=l
instagram.com

カールミストをしたら、髪がちゃんと乾くまで待ち、その後にコテを使うようにしましょう。

おすすめカールスタイリング剤

プロスタイル PSフワリエ「ヒートプロテクトアレンジスプレー 」

Media?size=l
instagram.com

コテ前に付ければ高熱ダメージをブロックして、コテ後に付ければふんわり固まって仕上がりアップするスタイリング剤です。速乾タイプでスタイリングした後すぐにコテで使えます。

ヒートプロテクトアレンジスプレー

プロスタイル PSフワリエ

¥ 628

朝に巻いたら夜までカールがキープする保持力も魅力のスタイリング剤です。スプレーで髪全体にうまくつけられますよ。

商品詳細
ヒートプロテクトアレンジスプレー
www.amazon.co.jp
商品詳細

SALA「ふわ巻きカーラーウォーター」

Media?size=l
instagram.com

髪を補修しながら熱に反応して巻き髪キープできるスタイリング剤です。カチカチにならないミストタイプなので、ふんわりとした髪に仕上がります。自然な巻き髪を作りたい方におすすめです。

ふわ巻きカーラーウォーター

SALA

¥ 667

手触りやわらかなカールをキープしてくれるミストのスタイリング剤。清楚な香りで動くたびふんわり香ります。

商品詳細
ふわ巻きカーラーウォーター
www.sala-sala.jp
商品詳細

自分の髪にあったコテ温度を見つけて♡

Media?size=l
instagram.com

コテはそれぞれの髪質や髪型によってベストな温度が異なります。この記事を参考にして、髪を傷めないこととカールのキープ力を維持することを兼ね備えた、ベストなコテの設定温度を見つけましょう。

記事に関するお問い合わせ