無料の会員登録をすると
お気に入りができます

世界でたった2店舗!ベトナムで人気の「エッグコーヒー」発祥の店 「CAFE GIANG」が横浜中華街にオープン

ベトナム北部・ハノイで人気の「エッグコーヒー」を生んだ発祥のカフェ「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」が横浜中華街にオープンしました。
70年以上“暖簾(のれん)分け” を断り続けた 「CAFE GIANG」が、ハノイに次ぐ2号店として、日本初上陸します。

ことりっぷ編集部

旅行・おでかけ

ベトナム北部・ハノイで人気の「エッグコーヒー」を生んだ発祥のカフェ「CAFE GIANG(カフェ ジャン)」が横浜中華街にオープンしました。
70年以上“暖簾(のれん)分け” を断り続けた 「CAFE GIANG」が、ハノイに次ぐ2号店として、日本初上陸します。

エッグコーヒー発祥のお店「CAFE GIANG」

エッグコーヒーは、1946年の牛乳が手に入りにくい時代に、現在の「CAFE GIANG」のオーナーの父であり、当時ハノイの5つ星ホテルのバーテンダーであったグエン・ザン氏が、牛乳の代わりに泡立てた鶏卵の黄身部分を使うことを考案して生まれたコーヒーです。

日本人にはあまり馴染みの無い「エッグコーヒー」ですが、ベトナム北部・ハノイの名物として、ベトナム全土で愛されています。
クリームは、濃厚でなめらか。まるでカスタードクリームやティラミスを飲んでいるような感覚で、苦味と甘味のバランスがくせになるおいしさです。

70年以上“暖簾分け” を断り続けた「CAFE GIANG」の二号店が横浜にオープン

グエン・ザン氏は、様々なオファーを断り、唯一受け継がれた現在のオーナーであるグエン・トリホアン氏が今も変わらない作り方で提供しています。
そんな、70年以上“暖簾分け” を断り続けた「CAFE GIANG」が2号店として、横浜中華街に日本初上陸しました。

ベトナムの雰囲気をより伝えるために、ベトナムの雑貨や家具を社長が一つ一つ全てセレクト。リラックスしてみんなでわいわいできるようなアットホームな空間を演出しています。

使用している豆はベトナムから直輸入し毎日焙煎するこだわりよう。また、焙煎機もベトナムのオーナーの指示の下、ベトナムから直輸入したものを使用しています。

歴史ある味をそのままに

「エッグコーヒー(HOT)」(480円)

「エッグコーヒー」は、卵をクリーム状に泡立てたものをコーヒーに乗せ、まるで飲むティラミスのような甘さとベトナムコーヒーのほろ苦さを楽しめます。
クリームとコーヒーをしっかり混ぜていただけば、その絶妙なバランスを味わうことができますよ。

左:「エッグコーヒー(ICE)」(520円)、右上:「エッグ抹茶(HOT)」(480円)、右下:「エッグシナモン」(480円)

暑い季節にもぴったりな冷たいデザート感覚でいただける、「エッグコーヒー(ICE)」は、アイスを食べるようにクリームとコーヒーをすくっていただきましょう。

また、日本人の好みに合わせてアレンジした、現地でも人気のメニュー「エッグ抹茶(HOT)」や、ふんわりと香るシナモンの香りがクリームの甘さを引き立てる「エッグシナモン」など、その時の気分に合わせてメニューをチョイスできるラインナップがそろいます。

一緒にベトナム料理も楽しめる

「バインミー」(520円)

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ