無料の会員登録をすると
お気に入りができます

長所も短所もある。感受性が豊かな人の特徴10個

ライフスタイル

(1)積極的にアートに触れる

まずは、他人の感性に触れること。アーティストの作品を見たり、音楽を聞いたりしましょう。

その時、大事なのが、その感性を否定せずに受け入れようとすることです。

理解できなくても「そんな考えもあるのか!」と受け取るようにしましょう。感受性が磨かれていくはずです。

(2)ちょっとした表現行為をしてみる

アウトプットもしてみましょう。なぜなら感性は形にすることで、より洗練させられるからです。何度も英語をしゃべることで、より美しい英語が身に付くように。

バリバリの芸術でなくても構いません。シャワーを浴びながら歌ったり、ラジオに合わせて踊ったり、友人に手紙を書くのだって表現の一環です。

その代わり、ちょっとだけ本気でやってみましょう。

(3)周りをよく観察する

周りをよく観察しましょう。

今までよりも深く他人に注意を払い、相手の考えていることや、感じていることに思いをはせてみれば、物事を感じ取る力が身に付いていくでしょう。特に良いところを探すようにしてみるといいでしょう。

(4)スマホを見ない

スマホを封印しましょう。

オンラインの情報は、全て他人が編集したり切り取った世界です。ある意味、情報量が(リアルな生々しさが)少ないのですね。

やはり大事なのは、貴女が、現実世界の無限の奥深さを感じ取ることなのです。

例えば「1時間に1回しか見ない」とか「トレイには持ち込まない」とか。感受性は現実世界で磨くものです。

まずは画面から顔を上げましょう。そして生活を味わって、他人と関わるのはいかがでしょうか。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ