無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ベランダで簡単ハーブ栽培♡おすすめの品種と増やし方

虫が付きづらく管理も簡単。おまけにどんどん増やせる!小さなベランダでも育てやすい「ローズマリー」「ミント」「バジル」の3種の育て方をご紹介します。

2018年5月
ライフスタイル

2.ミント

増えすぎて困る?ほど繁殖力豊富

ミントはシソ科の多年草で、花の開花は7〜10月ごろ。夏の暑い盛りに花を咲かせます。繁殖力はかなり旺盛で、地植えしてはいけないとまで言われるほど。プランター栽培に適しています。

ミントは梅雨に入る前に風通しを良くしてあげましょう。根本まで日光が行き渡るよう梳いてあげ、2/3程度の大きさに切り込みをいれます。花が咲いたあとは根本からバッサリカット。そして、秋には新芽が再び出てきます。

人気のミント品種

[人気のミント品種]
・スペアミント
・ペパーミント
・アップルミント
・パイナップルミント
・チョコレートミント
・モロッコミント
・レモンミント
など

料理に向く品種

ミントは多くの品種が出回っており、中には歯磨き粉のような味のするタイプもあります。まろやかなミントティーがお好みなら「パイナップルミント」「アップルミント」がおすすめです。

ケーキの飾りやモヒートには清涼感漂う「スペアミント」が合います。「ペパーミント」は少々癖があるので、生で食べるよりはティーにしたり、フレッシュな葉を浮かべてハーブ風呂にするのがおすすめです。

ミントの増やし方

ミントは何もしなくてもどんどん増えていきますが、もっともっと増やしたいという方は水さしがおすすめです。ミントの茎を斜めにカットし、数日水につけてみてください。あっという間に根が出てきます。

根が出たら土に戻してあげるだけ。繁殖力旺盛なミントは神経質にならなくてもどんどん増えていきます。ミントにアブラムシがついた時は、ガムテープでペタペタとるか、水で洗い流してみてください。

3.バジル

料理との相性が抜群のハーブ

バジルはイタリア料理好きさんにおすすめのハーブです。春から秋にかけてたっぷり葉を茂らせてくれます。高温多湿の日本でもぐんぐん育ち、管理も簡単で良い香りがベランダに漂います。

記事に関するお問い合わせ