無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ついつい使いすぎてない?簡単に今すぐできる節約術13選

GWは存分楽しめた!だけど「ついついお金を使いすぎてしまった」と思っている方も多いのではないでしょうか?そこで、今から貯金を始めるべく、すぐに始められる節約術をご紹介します。

2018年5月
ライフスタイル

ついついお金を使いすぎちゃう!

今すぐ始められる節約術が知りたいの

GWを存分に楽しんだという方はその分だけお金も使いすぎてしまった…なんて思っていませんか。いざというときに使えるように、お金は日頃からコツコツ貯めていたいものです。

Photo by rawpixel / Unsplash

そこで、今すぐにでも始められるような節約術をご紹介します。

賢い日常節約術

①買い物の値段「品質」で見極める

節約で大切なのは何でも安い物を買うことではなく、低価格か高価格かどちらがお得なのか見極めることです。品質の変わらないものは低価格の物をまとめ買いするのがお得。

例えば500mlのペットボトル飲料をコンビニや自動販売機で買うより、1.5~2リットルをスーパーで買う方が相対的に安いことが多いです。しかも中身は同じだったら、後者を買う方がお得ですよね。仕事で飲むなら水筒に入れて持っていくのも◎。

ただし服・家電・家具などは値段によって品質も変わります。品質も値段も高いものを買う方が長く使えて、長い目で見ると節約になります。このように広い視野で低価格が良いのか、高価格が良いのかを見極めましょう。

②「数円安い」は高くつくことを知る

買い物をする前にチラシを見てどの店が安いのか考えることもありますよね。遠くにあるスーパーやデパートの方が数円安いからそっちに行けば節約になる、と考えて実行したことはありませんか?

しかし、遠い分だけ交通費も時間もかかります。その数円の安さを求めることが、逆に損になっているかもしれません。交通費や時間をかけてまでする節約なのかきちんと考えて買い物しましょう。

③買い物する予定の物だけ買う

買い物をする場所というのは「あ、これいいな」「いつもより安い!」と購買意欲を掻き立てる工夫がされています。その感情に従ってしまうと、必要のない物をたくさん買ってしまうことになるでしょう。

そこで、買い物するときは事前に「〇〇を買う」とリストを作っておきましょう。そして、それ以外は買わないと決めるのです。日々の小さな買い物でも、節目の大きな買い物でも使えるテクニックです。

④クレジットカード+口座でお得に買い物

小さな買い物でもクレジットカードを使うのも実は節約。ポイントが貯まってお金として使えたり、決まった日は10~20%OFFになったりと、買い物での節約につながります。

カードで買い物するとき用の口座を用意しておくのも節約のコツ。レシートも残しておけば、毎月どれだけ使ったのか通帳とレシートで出費を見直すことができます。

⑤大きい固定費を見直す

節約するときに大きく動くのが固定費。変わらないと思っていても、見直して節約することもできます。

保険やスマホ代を見直して安いプランに変えるとか。通信費や電気代などは利用できる会社を比較して安くなるプランにするなど。古くなり調子が悪い家電は新しくした方が電気代が安くなり省エネになります。

固定費を見直すと大きな金額の節約になります。自分のライフスタイルに合った固定費になるように見直してみましょう。

⑥食料はまとめ買いからの作り置き

食料はまとめ買いして、休日などに1週間分の作り置きしておくと良いです。保存袋や保存容器、冷蔵や冷凍をうまく利用しましょう。

miki on Instagram: “✱
寒っ〜⛄️
昨日は予定通り少しだけ
作り置きできました( ¨̮ )
✱
やっぱり少しだけでも
作っておくと色々と楽です( ˊᵕˋ )
✱
✱
木曜日⑅⃝︎
今日も1日頑張りましょう(.*◡͐︎*)b
✱
✱
✱
✱
✱”
instagram.com

ご飯も炊飯器で多めに炊いて一人前を小分けにして冷凍保存すれば、保温機能で電力を使ったり何回も炊いたりすることが減り節約になります。毎日の料理の時短にもなり、効率良く生活することができるでしょう。

ちょっとしたことでちりつも節約

ちょっとした節約というのも、塵も積もれば山となります。毎日コツコツ積み重ねることで大きな節約になるんです。

⑦専門店コーヒーをコンビニコーヒーに

専門店でコーヒーを買うのが習慣になっている人は頻度を減らしましょう。1日数回なら1回だけ。毎日なら1~2週間に1度だけ。その代わりにコンビニコーヒーを利用するのがおすすめです。

専門店のコーヒーは300~500円くらいで、もっと高い商品もありますよね。コンビニコーヒーはどのお店でだいたい100円ほど。しかも淹れたてで味の評価も高いです。

自分の家にコーヒーマシンがあるほど好きな人は、家で淹れて保温用の水筒に入れて持っていくのもありです。ただし、ここに時間をかけて朝の支度がままならないならコンビニコーヒーの方が良いでしょう。

⑧ランチは手作り弁当

eleka on Instagram: “5.10 Lunch #弁当#お弁当#お弁当記録#弁当記録#今日の弁当#わっぱ弁当#ごはん#料理#手料理#昼ごはん#料理好きな人と繋がりたい…”
instagram.com

ランチはいつも外食やコンビニで買うという人は、まず週に2~3回だけでも良いので手作りのお弁当にしましょう。食費が安くなるのはもちろん、ついで買いしてしまう分も節約できます。

⑨水を使うならレバーはしっかり冷水側に

家の水道の蛇口を使うときにもちょっとした工夫を。お湯側に傾いていると給湯器が作動して、光熱費がかかってしまいます。

水を使いたいときは、蛇口をしっかりと冷水側にして水を出すことで、無駄に光熱費がかかってしまうのを防げます。

⑩冷蔵庫は「弱」設定に

冷蔵庫は設定温度を弱めにした方が電力がかかりません。中にあまり詰め込みすぎないようにすれば、「弱」設定でも冷気が行き渡るので食品の品質も保たれます。

⑪外食する頻度を減らす

毎日のランチ、夜の飲み会、休日のカフェ…と外食をするのが好きな方へ、その頻度を減らせばかかるお金を減らせます。どれくらいの頻度で外食しているのかを見直し、月に〇回までなど回数を決めましょう。

今すぐ始められる貯金術

⑫小銭貯金

毎日家を出る前、または家に帰ってきたときに小銭は全て貯金するのはいかがでしょうか?簡単な貯金方法なので、今すぐ始められて続けていけそうですよね。

貯金箱にいっぱい貯まったとき、もしくは毎月決まった日に預金口座に移しましょう。手元にあるとつい使ってしまうので、簡単に使えないように口座に移すというのも大切です。

⑬買ったつもり貯金

本当に買う必要があるのかどうか考えると、実はなくても良い物ってありますよね。コンビニに寄ったついでに買いたくなったお菓子とか、セールに惹かれてなんとなく欲しい服とか。

よく考えて必要のない品を買わずに買ったつもりで。その分の金額を貯金にしましょう。欲しい物を全部我慢するとストレスになるので、買い物を楽しみつつよく考えて「これはいらない」という品を決めましょう。

節約は無理せず続けていけることが大切

節約は続けていくことが結果につながります。そのため我慢したり無理したりすることなく、日々の生活の中で続けていけることが大切です。この記事を参考にして、簡単にできる節約術を始めませんか?

記事に関するお問い合わせ