無料の会員登録をすると
お気に入りができます

蔵をリノベーション! グルメやクラフトショップが集合した山形の新名所「gura」がオープン

旅行・おでかけ

古い建物をリノベーションしたおしゃれなショップやカフェが続々登場している山形市。2018年3月、話題のカルチャースポット「gura」が誕生しました。地元の素材を生かした料理が味わえるレストラン、山形の手仕事の品をアレンジしたアイテムがそろうクラフトストアなど、山形のならではの素敵なモノ・コトに出会える場所として注目を集めています。

古い石蔵を現代に復活

堂々とたたずむ石造りの蔵

JR山形駅から歩いて約20分、山形市中心街の旅籠町に「gura」はオープンしました。周辺には、大正建築の傑作といわれる山形県郷土館「文翔館」や、約400年前の水路を復元した商業施設「水の町屋 七日町御殿堰」などがあり、山形市の見どころが集まるエリアです。

四角と丸を組み合わせたロゴは、「ぐら」と発音したときの口の形をイメージ

「gura」はレストラン・クラフトストア・ラウンジホールの3つの建物からなる複合施設で、一度解体された石蔵と古い土蔵をリノベーションして造られました。その名称は古い蔵を活用していることに由来し、ここを訪れる人たちを「“ぐらっ”と感動させたい」という遊び心も込められています。

レストランで無農薬野菜たっぷりのランチをどうぞ

ランチコース(1500円)。ドリンクは+200円でオリジナルハーブティーに変更可能

施設の顔となるのは、“四季と生産者を「つなぐレストラン」”をコンセプトにしたレストラン。寒河江市の「お日さま農園」や河北町の「かほくイタリア野菜研究会」など、地元の生産者から直接仕入れた旬の野菜が料理の主役です。

ランチタイムには、前菜・パスタ・ドリンクが味わえるコースメニューが人気。前菜はビュッフェスタイルで、キッシュやブルスケッタをはじめ、カラフルな人参のピクルスや豆の煮込みなど常時8~10種類がラインナップしています。
時季によっては、珍しい山形の在来野菜を使ったメニューが並ぶことも。みずみずしく色も味も濃い野菜は、素材そのもののおいしさに気づかせてくれます。たっぷりと味わって、体の中から元気をチャージしましょう。

オープンキッチンなのでライブ感も楽しめます

パスタはトマト・オイル・クリームの3種類。この日は「舟形マッシュルーム」を使ったクリームパスタをセレクトしました。マッシュルームのコクに満ちたクリームソースが、プリッとしたパスタによくからみ、濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。

前菜とパスタ、ドリンクに加え、肉or魚のメイン料理とドルチェが付く贅沢なランチコース(2500円)もあり、お腹に余裕があるときはこちらがおすすめ。ディナータイムには、料理とワインとのペアリングが体験できるコースメニューを用意しています。レストランは予約なしで利用できますが、確実に味わいたい場合は予約をしておきましょう。

レストラン
023-665-5466
11:00~14:00、18:00~22:00(21:30L.O.)※日曜はランチのみ
営業時間: 月曜(祝日の場合は翌日休)

山形の職人技とデザインを融合させたクラフトストア

古い蔵の立派な梁をそのまま残した建物にも注目

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ