無料の会員登録をすると
お気に入りができます

お弁当のすき間埋めに最適! 5分で作れる絹さやの簡単小鉢5選

レシピ

炒めものや煮ものなど、さまざまな料理で活躍する絹さや。1年中手に入りやすいですが、3~6月に旬を迎えます。今回は、5分で調理できる絹さやの簡単小鉢5選をご紹介。お弁当のすき間埋めおかずとしても大活躍するので、レパートリーに追加しておくと便利ですよ。

ちくわと絹さやのからしごまあえ

【材料・2人分】

ちくわ 3本、絹さや 70g、あえごろも(白すりごま 大さじ3、めんつゆ[3倍濃縮] 大さじ1、砂糖 小さじ1、練りがらし 小さじ1/2)、塩

【作り方】

1. 絹さやは塩を入れた熱湯で約20秒ゆで、水に放して水をきる。ちくわは縦4つに切り、斜め半分に切る。

2. ボウルにあえごろもの材料を入れて混ぜ、1をあえる。

(1人分154Kcal、塩分1.9g、調理時間5分)

ちくわとゆでた絹さやに調味料を加えてあえるだけででき上がり。めんつゆを使うので、料理初心者でも簡単に作れます。練りがらしのピリッときいた辛みがよいアクセントになっていて、ちょっぴり大人向けの味わいに。

絹さやのごまあえ

しょうゆと砂糖で甘辛く味つけした1品。白すりごまの豊かな風味が絹さやとよくマッチします。

絹さやと油揚げのさっと煮

しょうがのせん切りを加え、さっぱりとした口当たりに。油揚げはあらかじめ電子レンジで加熱しておきましょう。

絹さやのたらこ炒め

たらこは薄皮に切り目を入れ、身をしごき出します。身の色が変わるまで炒めたら、塩で味を調えて。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ