無料の会員登録をすると
お気に入りができます

セックスレス予防にも♡30歳までにやりたい「アンダーヘアのサロン脱毛」ここが知りたい!

水着になるこの季節。気になることといえばアンダーヘアをどうするか。毎年自己処理をしていると、「サロンで脱毛したほうがいいのかな?」と思いますよね。そこで、VIOの医療脱毛体験をリポートします!

撮影/塙ひろみ イラスト/Sumii 

2018年5月
美容

やっておいてよかったこと1位は脱毛!

20代のうちにやっておいてよかったことを聞かれたら、迷わず「脱毛!」と答えます。自分のメンテナンスにかける時間がもったいないので、エステサロンでわき、腕、ひざ下の脱毛をいっぺんに済ませました。わきはうぶ毛のような細い毛が2〜3本生えてくるようになったものの、毛穴は目立たず。さっと剃る程度なので、快適に過ごしています。もし毛深くて悩んでいるなら、迷わずエステや医療脱毛をおすすめします。

そんなお手入れ時短主義のわたしですが、VIO脱毛はやり残していました。今となっては、なぜ一緒にやらなかったのか悔やまれますが、ロカリの記事を読んで再びVIO脱毛をしなくては……と思うように。「毛の色が薄くなると脱毛しにくくなる」というので、「やるなら早くやってしまおう!」と決めました。
今回、エステサロンではなく医療脱毛を選んだのは、通う回数が少なくて済むと思ったから。以前、エステでVIOの脱毛に通った経験がありますが、他の部位より毛が太く丈夫だからでしょうか……、激痛を我慢して4回ほど通ったもののそれほど効果を感じられず。仕事が忙しくなったり予約が取りづらかったりで、脱毛を完了させずに通うのをやめた経験があったのです。

医療脱毛専門「クレアクリニック」のVIO(ハイジニーナ)5回コースは総額59,486円(税込)!この値段なら少ない回数で終わる医療脱毛のほうがコスパが良いと考えました。

VIO脱毛を決意した記事はこちら!

セックスレス回避や妊娠力アップにもなると話題!「膣まわりケア」のススメ

通常「デリケートゾーン」と呼ばれる膣まわり。生理や排泄、出産、セックスなど、女性にとって一番大切なパーツでもありますが、きちんとお手入れをしている女性は少ないのではないでしょうか。膣まわりのケアやセックスレスについて、植物療法士の森田敦子さんにお話をうかがいました。 撮影/田川智彦 文/ロカリ編集部
15710

VIOってどこを指すの?

・Vラインはいわゆるビキニラインのことで、太ももの付け根から下着や水着を着ても覆われない部分のことを指します。中央の三角形はトライアングルゾーンとも言われますが、総称してVライン、Vゾーンとも呼ばれます。サロンによって認識が違うので、範囲を確認しましょう。
・Iラインは女性器の周りの毛のことを指します。
・Oラインはお尻の肛門周りの毛のことを指します。

アンダーヘアが全くないスタイルのことを「衛生的」という英語をもじって「ハイジニーナ」と呼びます。

VIO脱毛のメリット♡

1 清潔に保てるため、生理中や暑い時期のムレや痒みが解消される。

2 毛が水着や下着からはみ出す心配がなくなり、ストレスフリーになる。

3 将来、介護ケアにお世話になるときも安心!

4 膣まわりのお手入れがしやすくなり、セックスで気おくれしなくなる♡

前日までにVゾーンとIラインは自己処理!

脱毛の施術前は、エステサロンでも医療機関でもたいてい事前に自分でVIOの毛を剃っておく必要があります。実際に自分のデリケートゾーン(というよりはIライン)を見るのは、とても勇気のいることでした。
入浴後、眉毛などをカットする小さめのはさみで短くカットし、カミソリ(自分はジレットのヴィーナス)でVゾーン→Iラインの順に剃りました。Vゾーンは毛流れに逆らうと肌を傷めるので、毛流れに沿って上から下に剃ります。Iラインはハサミで短くカットし手から、皮膚が柔らかいのでしっかり手のひらで張ってから、剃ります。剃るときに傷ついたら怖いので、大切な部分は粘膜を保護するように手でガードしました。

サロンからも事前に「下からガリガリ深剃りしてしまうことのないようにご注意くださいね」とアドバイスをいただいていました。あれば、電動シェーバーがのほうが低刺激でおすすめとのこと。肌の弱い人は電動シェーバーを使用したほうが良さそうです。

Vゾーンをすべて剃り落とすのは今回が初めて。最初はトイレやお風呂で自分の無毛状態を目にするたび「ひえ〜!」と思いましたが、だんだん見慣れてくるもので……。前日に再度剃り残しなどをチェックして剃りました。

いざ、クレアクリニックへ!

ドキドキしながら今回脱毛してもらうクレアクリニック新宿本院へ。新宿駅南口から徒歩で5分ほどとアクセス良好です。受付にはカウンセラーがいて、名前と予約していた旨を伝えます。

“脱毛オタク” のカウンセラーによる丁寧なカウンセリング♡

施術前にカウンセリングルームでクリニックの特徴、脱毛について丁寧に説明してくれます。脱毛のレーザーが効きにくくなる注意点として、毛周期や日焼け、照射の強さが関係してくるということを教えてくれました。なかでも毛周期は脱毛のとても大事な要素。医療脱毛ではエステサロンよりも威力が強い医療レーザーを使用し、毛乳頭を破壊して毛が生えないようにします。まだ毛乳頭が破壊できていない毛が生えそろってから施術を受けると、効率よく脱毛できるというわけです。

クレアクリニックでは、脱毛回数が無駄にならないように「次に脱毛すべき毛がしっかり生えてきているか」を電話で確認してくれるとか。また、色黒の人より色白の人のほうが効果が出やすく、体調不良や睡眠不足でも効果が出にくくなるといったこともあるそうです。そのため、回数には個人差がありますが、VIOラインなら多くの人が5〜6回で終了します。

今回カウンセリングしてくれたマネージャーの山口藍さんは、「クレアクリニックのスタッフはみんな脱毛オタクなんです!」と言います。顧客には美容脱毛業界で働く同業者も多いのだとか。Vラインを残す場合、脱毛3〜4回目でデザインを決めるそうですが、「参考にスタッフのデザインをお見せしたいのですが……」と本気で言われて爆笑してしまいました。なんでもオープンに話してくれるので、相談しやすい雰囲気です。

初回は麻酔がおすすめ!

VIOは毛が太い分、わきや手足よりも痛みが伴います。医療機関なので、希望があれば麻酔のクリームをもらえます(表面麻酔 VIO1回税込2,836〜3,456円)。施術箇所にクリームを全量塗ったら、ラップでしっかり密閉。麻酔が効くまでに1時間ほどかかるので、クリニックに来る前に塗ってくる人も多いとのこと。なかにはクリニックのトイレで塗ってから、クリニックの近所でお茶したり、ショッピングする人もいるそう。1時間経つと、麻酔が効いてきたのがわかりました。トイレットペーパーで拭き取り、いざ施術へ!

完全個室の院内。静かで清潔な雰囲気。

施術室は完全個室でプライバシー確保

以前通っていたエステサロンはカーテンで仕切られていたので、施術中の会話がまる聞こえだったのですが、クレアクリニックは完全個室でプライバシーが守られています。ちなみにベッドは温かくなるベッドなので冷え性の女性も安心!

安心のマイシェーバーシステムとアロマテラピー

今回クレアクリニックを選んだ理由のひとつが「マイシェーバーシステム」。脱毛前の剃毛は肌を傷つけないように、カミソリではなく電気シェーバーで剃るのがベスト。多くのエステサロンやクリニックでは、電気シェーバーを消毒して使い回していますが、滅菌消毒ができないそう。クレアクリニックでは一人ひとり専用の電気シェーバーを用意してくれるので、感染症の心配もなく安心なんです♡ マイシェーバーシステムは3,240円ですが、今ならキャンペーン料金に含まれているので実質無料です!

施術中はアロマテラピーの香りで痛みを沈静化。今回はラベンダーとスイートオレンジから選べました。どちらも緊張を和らげ、リラックス効果のある香りです。

施術用のバスタオルを身につけます。今回はVIOの脱毛だけなので、上着は着たままでOK。下はすっぽんぽんです。

施術してくれるのは看護師さん

医師の指導のもと看護師が施術するのも医療脱毛の特徴のひとつ。今回担当してくれるのは看護副主任の對馬三沙(つしま・みさ)さん。脱毛機の当て方やタイミングなどスタッフの技術により痛みが変わるので、痛みの少ない脱毛を目指しています。

最初に對馬さんが電動シェーバーで剃り残しをきれいに剃ってくれます。特にOラインは自分で剃るのは難しいので剃り残しが多かったと思うのですが、「剃りにくいので大丈夫ですよ〜」と優しいお言葉。

使用するのは脱毛機器で有名なルミナス社のライトシェアデュエット。メラニン色素の多い東洋人の肌や毛質に最適な機器なのだそう。痛みが少なく、照射時間も短くて済みます。

脱毛中は光が目に入らないようにアイマスクを着用。あとはされるがままなので、羞恥心もそこまでありません。

従来のものより照射範囲が広いライトシェアデュエットの照射口。皮膚を吸引して脱毛部位に集中して照射するので、毛根と照射の距離を縮めることができます。

まずはVゾーンを脱毛!

(※お見苦しい写真が続きますが、VIO脱毛について知りたい読者のみなさまにお届けしたいという気持ちなのでお許しください。)

まずはVゾーン。両足を揃えたまま照射してもらうので抵抗感はありません。痛みも麻酔のおかげか、機器のおかげかそれほど感じませんでした。

Vゾーンの毛を残す人も、初回は毛量を減らして毛の質を柔らかくするために、全て剃ってからVゾーン全面に照射するのがおすすめとのこと。

脚をくの字にしてIライン照射

若干抵抗があるのがIライン照射の体勢。脚を「く」の字に曲げて外側に倒します。Iラインの外側部分をライトシェアデュエットで照射。割と外側まで照射している感覚があったけれど、あとで確認してIラインって自分で思っているよりも外側まで生えているのね……と思いました。

Iラインの内側も照射

Iラインの内側にはライトシェアデュエットより照射範囲の狭いライトシェアを使います。吸引部分がなく、照射口が小さいのが特徴。

これでIラインの粘膜近くまで照射。これはさすがに痛みがありますが、あっと言う間と言えばあっと言う間。ひたすら我慢です。左側が終わったら、右側も同様に照射します。

うつ伏せになってOライン照射

最後にOライン照射。うつ伏せになるだけで、あとはおまかせなので、こちらも比較的恥ずかしいことはありませんでした。痛みも我慢できる程度です!

照射時間はVIO合わせて15分程度でした!感覚的には「すぐ」終わってしまいます。ただし、かかる時間も毛量などにより個人差があるそうです。

脱毛後は軟膏と注意点が書かれた紙をいただきました。次回の脱毛までの期間は初回は通常2ヶ月の人が多いそうです。わたしはエステで少し脱毛していたせいなのか、對馬さんから毛量的に生えそろうだろう3ヶ月後くらいが良いかも…とアドバイスを受けました。このあたりは個人差があるので看護師さんやカウンセラーのアドバイスを参考にしましょう。

その後、赤くなったり痛くなったりするといったトラブルもなく、10日を過ぎたあたりで少し伸びた毛が自然に抜けはじめました。脱毛2週間後には“まばら生え”状態で温泉に行きましたが、トラブルなしです。これは人によると思いますが、快適過ぎて特に恥ずかしさも感じず……。次の脱毛が楽しみになっています!

万が一照射モレがあった場合も、クレアクリニックでは打ちもれ保証があるので安心です。

脱毛して気づいたこと

今までデリケートゾーンは専用ソープで洗っていましたが、やはり毛がなくなるとお手入れが行き届いていなかったことに気づきました(汗)!というのも、Iラインが劇的に洗いやすくなったんです。「もしかしたら今まで臭っていたかしら?」とパートナーに申し訳ない気持ちになりました。

使用しているデリケートゾーン用のソープはこちら!

アンティーム フェミニン ウォッシュ

¥ 2,160

肌の常在菌やうるおいは残したまま洗えるデリケートゾーン専用のリキッドソープ。低刺激なので安心して使えます。

商品詳細
アンティーム フェミニン ウォッシュ
intime-cosme.com
商品詳細

アンダーヘアのお悩みがあればお便りください!

医療脱毛の不安や疑問について、払拭されたでしょうか。次回は痛みがほぼないという脱毛機器「メディオスターNeXT PRO」を体験レポート予定です。脱毛について何か知りたいことがあったら、「記事の感想を送る」からお便りくださいね。

●取材協力 
クレアクリニック新宿本院
住所:東京都渋谷区代々木2-13-5KT新宿ビル7F
電話番号:0120-706-909
営業時間:11:00~20:00(月曜12:00~21:00)
定休日:なし(年末年始を除く)

クレアクリニックの公式ホームページはこちら!
記事に関するお問い合わせ