無料の会員登録をすると
お気に入りができます

楽したいズボラ主婦がきれいな家をキープするために実践していること4選

お掃除

「いかに家事を楽にするか」ばかり考えるズボラ主婦。1才児ママのサンキュ!STYLEライターのじゅんです!

家事の時間を少しでも減らして自分時間を確保したい!でも部屋が散らかっていたり、汚れていたりするとなかなかリラックスもできませんよね。

ズボラでめんどくさがりな私がマイホームを購入してから、なるべく新築の状態をキープするために実践していることをご紹介します。

まずは基本の「なるべく床にものを置かない」

お掃除や収納関連の本を読むとだいたい書いていますが、やはり床にものを置かないのは重要ポイントです。

床にものがないと
・部屋全体がスッキリして見える
・ものを避ける動作がないので掃除が楽になる
・ホコリが溜まりにくくなる

もっとたくさん利点はありそうですが、私はこの3つを実感しています。
また、小さい子どもがいるとなんでも口に入れてしまうので、床にものを置かないようにしたことで安全面にも配慮することができました。

収納用品などを置くときもなるべくキャスターつきのものを選んだり、足があるものを選ぶと掃除もしやすくなるのでおすすめです。

ものの定位置を明確にして、家族も使いやすい収納に

「文房具はここ。書類はこちらの棚。ハンカチはこの引き出し」
というように、ものの定位置を決め家族に共有することで、それぞれが使ったら仕舞うことができ散らかりにくくなります。

収納は8割収納を心がけ、引き出しの中も100均の収納ケースなどで仕切ることで使い勝手も格段にアップします。また動線も考えながら収納場所を決めてあげるといいですね。

ただし、頻繁に収納場所を変えたりするのはあまりおすすめできません!自分だけでなく家族も把握して使いやすいことがストレスの少ない片づく収納になると思います。

掃除用品は各場所、手に取りやすい場所に置くことで清潔をキープ

「掃除用品は1ヵ所にまとめて収納!」っていうかたは多いかと思います。

ただ、楽してキレイをキープしたい方はこの1ヵ所にまとめて置くよりも、各場所の手に取りやすい場所に置くほうがオススメです。

たとえば洗面所なら
・拭き取りのためのマイクロファイバークロス
・洗面ボール用のスポンジ

この2つは必ず手に取りやすいところに置くようすることで、歯磨きの合間などにササッとお掃除することができます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ