無料の会員登録をすると
お気に入りができます

NO農薬!アブラムシ退治に使えるテクニック6選

アブラムシは密植や窒素分の多い肥料などが元になり大量繁殖してしまいます。農薬を使わずアブラムシを退治する方法をまとめました。ガーデニングでぜひ試してみてください♡

2018年5月
ライフスタイル

農薬を使わずアブラムシを退治しよう

野菜やハーブ、花を育てている時に遭遇するハプニングといえば「虫」です。特にアブラムシは一度発生すると厄介で、あっという間に100匹200匹と増殖していきます。1匹が1万匹に増えるという話も!

アブラムシは、窒素分が多く含まれる肥料を使った時や密植などで発生しやすくなります。できれば農薬を使わずに退治したいですよね。おすすめの方法をご紹介します。

①てんとう虫に頼る

アブラムシを食べる種類を捕まえて

アブラムシ退治の中でもっともエコなのは、てんとう虫に食べてもらう方法です。てんとう虫は公園や畑などに行くと簡単に見つけられます。一日あたり、成虫で50〜100匹、幼虫で20匹〜のアブラムシを食べてくれるそうです。

アブラムシを食べるてんとう虫は「ナナホシテントウ」「ヒメカメノコテントウ」「ナミテントウ」「ジュウサンホシテントウ」など。「オオニジュウヤホシテントウ」は葉っぱを食べてしまうので捕獲しないでください。図鑑を持って捕獲に出かけましょう。

プラ容器や洗濯ネットなどで逃げない工夫を

捕獲した成虫てんとう虫は、逃げないように囲いをつけた場所で放します。虫よけネットがない時は、プラ容器に空気穴を複数あけたものをプランターにかぶせたり、洗濯ネットやワイヤーなどを使って空間を作ります。

囲いを作るのが難しい場所には、てんとう虫の幼虫を放してあげてください。食べる量は成虫に比べて少ないですが、飛べないので囲いがなくても安心です。

②ガムテープで取る

アブラムシの発生が少ない時はテープでペタペタ取るのが手っ取り早い方法です。毎日丁寧に取り除いていると日に日に数が少なくなっていきます。

使用するのは、ガムテープやセロハンテープ、マスキングテープなど。若芽についたアブラムシを取る時は、粘着力の弱いものを使うか、優しくそっと貼り付けます。

③水シャワーで退治

てんとう虫やガムテープはちょっと...という人は、水シャワーを試してみてください。水圧でアブラムシを洗い流します。

プランターの場合は、鉢を少し傾けてホースシャワーで洗い流します。一度では落としきれませんから地道にやるのがコツです。加湿を嫌う植物は根本に水がかからないように気をつけてくださいね。

④根本にアルミホイルを敷く

アブラムシはキラキラしたものが苦手です。茎の根本にアルミホイルを敷くと予防につながりますよ。プランターの場合は、アルミホイルが飛ばないように部分的に楊枝や石などで軽く固定します。

アブラムシが付きやすい植物(アブラナ科など)には、あらかじめ設置しておくと安心です。

⑤コンパニオンプランツを設置

バンカープランツを設置する

アブラムシの発生をゼロにするのではなく、他の植物に集まるようにして主要な野菜や果物を守る方法もあります。たとえば、ヨモギはアブラムシが大好きな植物のため、近くに植えると虫が移動していきます。

アブラムシが苦手なコンパニオンプランツを設置するのも良い手ですね。ガーリック、ディルなどを近くに設置してみましょう。

⑥黄色いコップを設置

虫は黄色に反応すると言われており、アブラムシも大好きな色です。水を入れた黄色のカップやバケツ、洗面器を植物の近くに置いてみると簡単に捕獲できます。

入れ物の内外ともに黄色がベストです。水は数日に1回は交換してくださいね。

農薬を使わずアブラムシ退治

アブラムシへの農薬は一時的に効果はあっても、何度もかけていると耐性ができ、効かなくなってしまうようです。農薬に頼らないエコな方法もたくさんあります。ぜひ試してみてくださいね。

天然クーラーでエコ生活♡おすすめグリーンカーテンプランツ

植物の力は偉大なり。緑のカーテンがある生活は、心を癒やし、エアコンの使用も抑えられます。地球にも心にも、そしてお財布にも優しい生活にチャレンジしてみましょう♡
173

ベランダで簡単ハーブ栽培♡おすすめの品種と増やし方

虫が付きづらく管理も簡単。おまけにどんどん増やせる!小さなベランダでも育てやすい「ローズマリー」「ミント」「バジル」の3種の育て方をご紹介します。
2679
記事に関するお問い合わせ