無料の会員登録をすると
お気に入りができます

洗濯の仕方から違ってた!部屋干しで生乾き&匂わせない方法

ライフスタイル

そろそろ梅雨がやってくる

部屋干し対策を始めましょう

穏やかな春が過ぎれば、じめじめとした梅雨の季節がやってきます。部屋干しをすると、じめっとして乾きが遅かったり、嫌な匂いがついたりとこの季節にうんざりしている方も多いでしょう。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

そこで本格的な梅雨がやってくる前に、快適な部屋干しの方法をマスターしませんか?乾く時間も匂いも気にならなくなる部屋干しの方法をご紹介します。

洗濯をするその前に…

洗濯槽を清潔に掃除

洗濯した服に匂いがつくのは、洗濯槽のカビが原因かもしれません。洗濯槽は湿度も高くてカビが繁殖しやすく、定期的にお手入れしないとカビだらけになってしまいます。

服に匂いをつけないように、まずは洗濯槽のお手入れから始めましょう。洗濯をした後はフタを開けて乾燥させておくことも、洗濯槽のカビを繁殖させないテクニックとして使えます。

洗濯物は風通しの良い場所に置く

洗濯する前の服をどこに置いていますか?洗濯機の中に入れてはいないでしょうか。一度着た服は汗や垢がついていて清潔ではありません。それを湿度の高い洗濯機の中に入れてしまうと、雑菌がわんさか繁殖してしまいます。

その菌が洗濯槽に持ち込まれてしまい、洗濯した服について嫌な匂いになってしまうのです。洗濯する前の服は洗濯機には入れず、ランドリーボックスやカゴの中など風通しの良い場所に置いておきましょう。

部屋干しするときの洗濯のコツ

「洗い」のみお風呂の残り湯を使う

お風呂の残り湯は少し温度が高めで洗濯物の皮脂汚れが落ちやすく、洗剤も溶けやすくて洗濯に向いています。ただし時間が経った残り湯は雑菌が繁殖しているかもしれないので使用を控えましょう。

「洗い」のみお風呂の残り湯を使って、「すすぎ」は清潔な水道水を使うことも洗濯物に菌を移さないために大切です。

記事に関するお問い合わせ