無料の会員登録をすると
お気に入りができます

それ、おデブ思考!9つの太る考え方を「痩せる考え方」に変える方法

太ってしまう人の問題点は運動しないこと?食べすぎてしまうこと?実はそれだけではないんです。もっと根本的な問題があり、それは「思考」がおデブになっていること、なんです!

2018年5月
美容

太ってしまうのは思考に問題アリ

体型を変えるには“考え方”から変えるべし!

ダイエットをしたいのに続かない、どんどん太ってしまう…なんてお悩みの方。運動をしないことや食べすぎてしまうことはたしかに問題ですが、最も重大な原因は「思考がおデブ」なことです。

太ってしまう考え方をしているので、行動が伴わないのです。そこでおデブ思考を省みて、「痩せる考え方」に変える方法をご紹介します。

1.「食べなきゃ痩せるでしょ?」

正しく食べるからキレイに痩せられる

ダイエットを失敗する人にありがちなのが「食べなきゃ痩せるでしょ?」という考え方。太りそうな糖質、油、お肉は摂らないで、野菜や栄養食品だけ摂って極力“食べない”ように乗り切ろうとするのです。

そんな食事をしていれば肌や髪が荒れ、栄養が足りずイライラします。その結果、我慢ができなくなってドカ食いしてダイエット挫折…となってしまうのです。

キレイに痩せるためには、必要な物を「食べる」ことが重要です。糖質は三大栄養素の一つで体に必要な栄養なので、量を減らすことはあっても食べないのはNG。お肉はたんぱく質で筋肉となって基礎代謝を高めてくれるのでダイエットに必要です。良質な油は肌や髪の潤いに欠かせないのできちんと摂りましょう。

2.言い訳が多い

「それ本当?」と自分の本音に打ち勝つ

言い訳が多い人は太りやすいです。ダイエットができない言い訳、太ってしまう習慣の言い訳をして、「仕方ないよね」と痩せられない自分を正当化します。

例えばダイエットで必要な運動を「する時間がない」「する場所がない」と言い訳したり。外食でカロリーの高い料理ばかり頼むのを「コスパが良い」「自分へのご褒美」と言い訳したり。

心の中で言い訳をしたら、自分に「それ本当?」と問いかけてみましょう。本音は「運動をしたくない」「高カロリーな食事をしたい」のはず。言い訳を取り払って本音を明らかにし、それを改善することがダイエットへの第一歩です。

記事に関するお問い合わせ