無料の会員登録をすると
お気に入りができます

白い歯で美人印象UP♡本当に効果のある最新ホワイトニング事情

輝く白い歯なら、笑顔にももっと自信を持てそう。ホワイトニングが気になるけど、価格や効果が気になる...というあなたに向けて、ホワイトニングの最新事情を取材しました。

2018年5月
美容

さらに照射を繰り返す...

ホワイトニング剤の塗布とLEDライトの照射約10分を3回繰り返し、ホワイトニングは終了する段取り。しかし2セットめで、尿意をもよおしたぷり子。「アガアガ...あの〜、トイレに行きたいんでふけど...」と言い出すぷり子に、「もうちょっとなので我慢できますか?」と心配そうな小室さん。ホワイトニング前にはトイレに行っておきましょう。

ついにフィニッシュ!

無事に装置を外し、ホワイトニング剤を洗い流して歯を磨き上げてもらったぷり子。トイレにも間に合い、スッキリ感この上なし。ホワイトニング後の歯の色は、一番左の模型と同じ白さに!

こんなに変わった!

ホワイトニング前は黄色かった歯が、明らかに白くなった! ホワイトニング直後は歯表面のペリクルがはがれて「脱灰」している状態のため、色がまだらに見えますが、唾液などによってペリクルが再生することで均一な色みになります。料金は、20本で¥14400(90分)。

ちなみに撮影中はこんな感じ

またもお口の中をおっぴろげ〜状態のぷり子に、「記録用に撮影しますね」と冷静にカメラを向ける小室さん。「は、恥ずかしいけど、白い歯になれてうれしい♡ 歯が輝きすぎて中村アンちゃんに間違われちゃうかも〜♡ どうしよう〜」調子に乗るぷり子に、撮影スタッフ陣は沈黙を守ります。

歯の健康あっての美!

浮かれるぷり子に、黒田先生から真面目なお言葉が。「ぷり子さん、ホワイトニングでいくら見た目を綺麗にしても、虫歯や歯周病があっては台無しですよ。まずは健康な歯と歯ぐきを作ることが大切です。欧米に比べ、日本人は世界的にも歯の健康を守る意識が非常に低く、遅れています。『虫歯になってから歯医者に行く』のではなく、『虫歯をつくらないために歯医者に行く』という予防医療の考え方を身につけましょう。将来のことを考えて、自分の歯を大切にしてくださいね」

ホワイトニングQ&A

歯の健康の大切さを熱く語る黒田先生と、歯科衛生士のベテラン小室さんに、ホワイトニングの疑問に回答してもらいました。

Q1.歯は加齢によって着色する?

A1.はい、その通りです。

はい、歯は加齢や生活習慣によって着色します。歯は再石灰化しますが、身体の一部なのでやはり老化していきます。また、喫煙や、色の濃い食べ物など、日々の生活によって着色してしまいます。年齢を重ねると、歯の色みが気になる方が多いのはそのためです。

記事に関するお問い合わせ