無料の会員登録をすると
お気に入りができます

心が不安定でどうしていいか分からない。そんな時に実践したい9つのこと

春から夏にかけては気候も安定しなく、心が不安定になる方が増える時期。今回はそんな人のために、不安定な心を自分で鎮めるための方法をご紹介いたします。

2018年5月
ライフスタイル

なんだか毎日が憂鬱...

そう思ったらセルフケアを実践する時かも!

春から夏にかけては新しい環境や温度変化もあり、心身が弱る時でもあります。そんな時は意識してセルフケアに励んでみましょう。

Photo by Asdrubal luna / Unsplash

今回は心が不安定な時に実践したい、セルフケア方法9選をご紹介いたします。

①太陽を浴び、睡眠の乱れを整える

寝つきが悪いと自律神経のバランスが崩れ、不安感がいっそう増す可能性があります。

睡眠を整えるには、起床時間や睡眠時間を決め、朝はしっかりと太陽の光を浴びましょう!また夜には、眠りを妨げる携帯などの電源を早めにOFFにすると効果的です。

②深い呼吸を鼻から取り入れる

不安を感じたら、睡眠とともに見直したいのが呼吸です。お腹の動きに注目しながら、ゆっくりと鼻から腹式呼吸を実践しましょう。

呼吸によって前頭葉が活性化するという説もあり、自制心を司る前頭葉を鍛えることで、自分をコントロールしやすくなると言われています。

③1日のうち数分は何も考えない

不安状態が続くと、過去と未来の悪いことを考えがちな方が多いようです。そんな状態になったら、何も考えずにぼーっとする時間を作りましょう。

続けることで思考がクリアになり、前向きになってくるはずです。

④物を少なくする

部屋が片付いていないと、心が休まらないことが多いもの。まずは使わない物を潔く断捨離し、パーソナルスペースを確保してみて。

ピーコ on Instagram: “2/20(火)  早朝バイト終わったし、夕方までまったりしよーと思ったけど…  こんな暖かくて気持ちが良いからゴロゴロしてられへん! こたつカバーも洗濯~クッションも干す~  みんな~日光浴やー😆🐶🌱ベランダ出ろ―♡ お日様に当たるのはとっても良いことねー✨ .…”
instagram.com
記事に関するお問い合わせ