無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やればできる♡年100万円貯めた人の「8つの実践テク」

節約・マネー

まずは年間でいくら貯めたいのか目標を決めることから始めましょう。

叶えられる目標をかがける

年間で50万円貯めるには月々4万2000円、年間で100万円貯めるには月々8万4000円程の貯蓄が必要です。大きすぎる目標はNG。到達できそうにないと、途中で投げ出してしまう原因になります。

貯金できている人は、ぎりぎりクリアできそうな現実的な目標を掲げていますよ。

4、支出額・用途を把握する

収入額は把握している方がほとんどかと思いますが、支出額と使い道を細かく把握しているという方は意外と少ないのでは?それが貯金額の明暗を分けています。

貯められる人は、自分が一体何にいくら使っているのかを理解しています。出費の多い用途が分かれば、何を削るべきかも明確になってきます。

カフェ・コンビニに払いすぎ!?

大きな買い物をしていないのに貯まらない、という方は、何気なく立ち寄ってしまうカフェやコンビニに原因があるかも。

1回の出費は小さくても積み重なると、莫大な金額になっていることに気が付きましょう!まずはその自覚を持つことが、貯金上手になる第一歩です。

5、「自分にご褒美」を与えない

自分へのご褒美が多いのは、貯金できない人の代表的な特徴です。ちょっとしたスイーツに始まり、バッグや限定コスメ、マッサージなど自分を甘やかすことばかりにお金を費やしていては、当然貯まりません!

頑張った自分を褒めることは確かに大事。でも、モノや食べ物で満足感を得ようとするのはあまり良い習慣とは言えません。

お金のかからないご褒美を

貯金上手な人は、ゆっくりお風呂につかる、アロマでリラックスする、大切な人と会うなどお金のかからないご褒美を取り入れるようにしていますよ。お金をかけずにできることを考えてみましょう。

記事に関するお問い合わせ