無料の会員登録をすると
お気に入りができます

やればできる♡年100万円貯めた人の「8つの実践テク」

貯金上手な人が実践している、8つのテクニックをご紹介。これを真似すれば、みるみる貯まるようになります。年間100万円貯金も夢じゃありません♡

2018年5月
ライフスタイル

年間100万円、貯金したい!

あなたはできる?できない?

長い人生を生きていく上で、貯金は誰にとっても大切なもの。そう分かっていはいても、なかなかお金が貯められないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

その一方で、収入はさほど多くなくても、年間で100万円を楽々貯められる人がいるのも事実です!ここでは、そんな人々が実践していることをご紹介していきたいと思います。真似すれば人生が変わるかも♡

1、収入に見合った家に住む

生活費を切りつめずに貯金をするためには、固定費を見直すことが何よりも大切。中でも大きいのが住居費です。月々の家賃は、手取り月収の3割を目安にするのが良いと言われています!

つまり手取り20万円であれば、6万円程が理想的。多くても4割の8万円に抑えましょう。都心だと厳しい額ですが、少しでも貯金を増やしたいならまずは収入に見合った家に住むようにしましょう。

固定費は低いに越したことはない!

3割は基本の話で、手取り40万円になったから12万円の家に住もう!というのはちょっと違うかも。収入が上がっても家賃はなるべく低いままにしておくと、みるみるお金が貯まるようになりますよ。

2、格安スマホを使う

一概には言えませんが、格安スマホにしてから通信費が減ったという方は多くいます。中には半額以下になったというケースも。

手続きが面倒で躊躇しているのなら、もったいないですよ。一度、ショップなどに足を運んで説明を聞いてみると良いかもしれません。

情報に敏感になろう

貯金上手な人は、スマホに限らず情報に敏感です。どの電気、ガス会社が安いのかなどの情報をキャッチすれば、上手に節約することができますよ。

3、目標額を決め、先取り貯金をする

お金は“何となく”では貯まりません。しっかりと目標額を決め、先取り貯金をすることで確実に貯まるようになります。先取り貯金は他の口座に移しておくなどすると、誘惑に負けずに貯金できますよ。

まずは年間でいくら貯めたいのか目標を決めることから始めましょう。

叶えられる目標をかがける

年間で50万円貯めるには月々4万2000円、年間で100万円貯めるには月々8万4000円程の貯蓄が必要です。大きすぎる目標はNG。到達できそうにないと、途中で投げ出してしまう原因になります。

貯金できている人は、ぎりぎりクリアできそうな現実的な目標を掲げていますよ。

4、支出額・用途を把握する

収入額は把握している方がほとんどかと思いますが、支出額と使い道を細かく把握しているという方は意外と少ないのでは?それが貯金額の明暗を分けています。

貯められる人は、自分が一体何にいくら使っているのかを理解しています。出費の多い用途が分かれば、何を削るべきかも明確になってきます。

カフェ・コンビニに払いすぎ!?

大きな買い物をしていないのに貯まらない、という方は、何気なく立ち寄ってしまうカフェやコンビニに原因があるかも。

1回の出費は小さくても積み重なると、莫大な金額になっていることに気が付きましょう!まずはその自覚を持つことが、貯金上手になる第一歩です。

5、「自分にご褒美」を与えない

自分へのご褒美が多いのは、貯金できない人の代表的な特徴です。ちょっとしたスイーツに始まり、バッグや限定コスメ、マッサージなど自分を甘やかすことばかりにお金を費やしていては、当然貯まりません!

頑張った自分を褒めることは確かに大事。でも、モノや食べ物で満足感を得ようとするのはあまり良い習慣とは言えません。

お金のかからないご褒美を

貯金上手な人は、ゆっくりお風呂につかる、アロマでリラックスする、大切な人と会うなどお金のかからないご褒美を取り入れるようにしていますよ。お金をかけずにできることを考えてみましょう。

ストレスが上手に解消されれば、異常な物欲も落ち着くかもしれません。身体がリラックスできるご褒美を取り入れれば、1回1万円のマッサージも必要なくなるように。

6、気に入った服を長く着回す

貯金上手な人=ケチケチしているわけではありません。むしろ、上質な洋服を持っていて、それを長く大事に使っている傾向があります。

一方、貯金下手な人はプチプラな洋服をたくさん買い込み、年に1~2回しか着ないということも多々。それでは結果的に損をしています。質の良い服なら、すぐにほつれてしまうこともありません。

化粧品も最後まで使い切ろう

化粧品にも同じことが言えます。プチプラアイテムをたくさん買い込んで、使いきらないまま捨ててしまっていませんか?少し高価でも、本当に気に入ったものを最後まで使い切った方がずっとお得です♡

7、人間関係をシンプルにする

大人女性は、交際費が多くなっているケースも多いはず。1回3000~5000円の出費の積み重ねが、貯金ができない理由になっています。貯金できている人は、その出費が数回分少ないんです!

本当に大切な人との付き合いを重要視して、気の進まない飲み会などはきっぱり断っています。付き合いだからと無理に参加していると、お金は一向に貯まらないので注意しましょう。

タクシー代にも注意!

つい楽しくなって終電を逃し、タクシーで帰宅するといった事態も、出費がかさむ原因に。十分楽しんだな!と感じたら、思い切って2次会を断ってみましょう。大幅に節約できるはずです。

日頃からちょっとした距離でタクシーを使うことが癖になっている方も、今すぐ見直すべきですよ!

8、「買い物の日」以外は買わない

待ち合わせ前ウィンドウショッピングをしていたら気になるものがあって…そんな衝動買いが多い人は貯金が上手くいっていないはず。

貯められている人は、「今日は買う」と決めていない日には買い物はしません!貯金をしたいのなら、フラッと立ち寄っただけの時は、買わずに「良いな」と思うだけにとどめておきましょう。

食材もまとめ買いが正解!

スーパーで食材を買う時にも、週に1~2回まとめ買いする方が堅実です。毎日買い足しているという人は、試しにまとめ買いに切り替えてみてください!

今年こそ、貯められる人になろう

貯められる人になるヒントは見つかりましたか?出来ることからでも始めれば、着実にお金は貯まっていきます。始めるなら今!ぜひ参考にしてみてください。

記事に関するお問い合わせ