無料の会員登録をすると
お気に入りができます

今年こそ紫外線に負けない! 美肌ライフのための「UVケア」Q&A

美容

Q. 腕は手に広げてからのばすべき?

A. 直接塗って、腕をひねるようにして全体にのばして

面積の広いボディの塗り方が分からない人も多いはず。「本体から直接ライン状に出すと、塗り残しなく効率的です。特に腕や足などは裏側までしっかり塗るために、雑巾を絞るようなイメージで手のひら全体を回転させながら塗りましょう」(千葉さん)。

1. 日焼け止めクリームを、ライン状に直接出す。

2. 手のひら全体を回転させて塗り広げる。

Q. 日焼けし過ぎてヒリヒリ …どうすればいい?

【A. まずは冷やすのが先決! そのあとで美白アイテムでケアを 】

「ヒリヒリする日焼けはやけどと同じです。とにかく冷やし、赤みなどが収まったら化粧水でしっかり水分補給を」(高瀬先生)。「その日の夜は、シートマスクなどで集中的にケアするのが◎」(畑中さん)。

冷やしたタオルや保冷剤で肌を押さえて。こするのはNG!

Q. SPFやPAの選び方がよく分からない

【A. 日常生活はSPF25~30程度でOK。+記号はUVAを防ぐ指標です】

UVBを防ぐ指標がSPFで、最大値が50+。PAはUVAを防ぐ指標で、++++を最大として表わします。「数値が大きいからといって UVカット効果が続くということではないので、こまめに塗り直すことが何よりも大切」(高瀬先生)。

Q. スプレータイプって塗れているかが分からないのだけど…

【A. スプレータイプは髪の日焼け予防や仕上げのベールと捉えて。ボディに使うときは近づけてスプレーを!】

「肌に塗るときには、ミストが散らばらないよう直接噴射して手でなじませます」(髙瀬先生)。「髪に使うときは、 20cmほど離し15秒以上は噴射を。クリームと併用し、仕上げのケア的に使って」(畑中さん)。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ