無料の会員登録をすると
お気に入りができます

目にも鮮やか、食欲そそる。 具材を贅沢にのせたお洒落な「オープンサンド」のお店3選

グルメ

1.星つきシェフが手掛ける〈72 Degrees Juicery + Café by David Myers〉/銀座

カリフォルニア出身のミシュランスターシェフ、デイビット・マイヤーズ氏が手掛けたカフェ。ここでは美と健康に意識の高いアメリカ西海岸で注目されるスーパーフードを使ったドリンクや、オープンサンド、サラダ、デザートなどをオリジナルのレシピで提案。

特にデイビットシェフ自身が毎日飲むというオリジナルのスムージーは名物の一つ。またシリアルを練り込んだ食パンなど3種のパンを使ったオープンサンドもボリューム満点。

オープンサンド「ベーコンエッグとレモンハリサ」1,280円はピリ辛ソースが印象的。

ベーコンとオニオン、トマトのオープンサンド1,180円

ゆったり開放的な店内も心地いい。

(Hanako1142号掲載/photo : Yuko Moriyama text : Kimiko Yamada)

非公開: 72 Degrees Juicery + Café by David Myers

非公開: 72 Degrees Juicery + Café by David Myers

2.園内のテラス席で、爽やかなひとときを。〈Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店〉/駒沢

駒沢公園の中という恵まれた立地にオープンしたレストラン&カフェは、朝7時スタートの“アーリーバードタイム”(早朝)からさまざまな顔ぶれが訪れる。木々を飛び交う鳥の鳴き声をBGMに、清々しい時間を過ごせるテラス席は、一日を通して大人気!

フードメニューも、カラダがリフレッシュするような逸品ぞろい。

「コブサラダのオープンサンド」990円は、9~11時のブレックファーストメニュー。「ベジスムージー ボディケア」750円は、ビーツや人参がベース。

「ヴィーガングリーンサラダ ジェノベーゼドレッシング」1,090円は、11時~のランチ&ディナーメニュー。内容は季節替わり。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ