無料の会員登録をすると
お気に入りができます

疲れ目・かすみ目を解消!アイストレッチとセルフケア4選

日差しが強くなり、肌だけではなく「目」の紫外線対策も気になる季節ですね。また、日々の疲れ目を引きずっている方も多いのではないでしょうか。そこで、疲れ目・かすみ目を解消する、アイストレッチとセルフケア4選を紹介します。

2018年5月
美容

日々の目の疲れが取れません

日々だるさを感じる目の疲れ。なかなかスッキリ回復できないという方もいるのではないでしょうか。

「目」にも紫外線対策が必要なんです

Photo by Francisco Moreno / Unsplash

日々の生活の中でも目の疲れは蓄積されていますが、これからの季節に気をつけたい「紫外線」は肌だけではなく目の老化にも影響するんです。紫外線は、細胞を傷つけ多くの疾患をもたらす活性酸素を作ります。

Photo by Sai Kiran Anagani / Unsplash

紫外線を受けた目は老化が進んでしまうので、紫外線対策が必要です。それと同時に、毎日のケアで疲れを解消する事も大切です。毎日少しの時間で出来る事ばかりなのでぜひ参考にしてください。

目の疲れを取るアイストレッチ

Photo by Becca Tapert / Unsplash

目の疲れを取るストレッチを紹介します。コリが取れてじんわりと温かくなりますよ。仕事で目が疲れた時にもおすすめなので、ぜひ参考にしてみてください。

ウィンクのストレッチ

ストレッチ♫
instagram.com

①左右交互にウィンク:10〜20回ほど両目で同じ回数ウィンクをする。同様にスピードを速くする、ゆっくりにする、少し強めにする、というように計4種類ウィンクをする。
②両目を強めに閉じて開くを3回繰り返す。

ゆっくり目を回す

instagram.com

①目を開けてゆっくりと右回りに目をぐるっと回す:2〜3周
②同じように左回りでする:2〜3周
③最後は鼻を見るように寄り目にして5秒キープする。

セルフケア①目を温める

目の疲れを取るのにおすすめなのが、目を温める方法です。温熱の刺激で副交感神経が優位になると目の周辺がリラックスし、疲労回復につながります。毎日寝る前の10分で出来る手軽さもいいですよね。

温める方法

①タオルを濡らして、電子レンジで1〜2分温めます。少し熱い程度で大丈夫です。
②仰向けになり目の上に置いて休みます。冷めてきたらその都度タオルを温め計10分間休みます。

セルフケア②食べ物で目を守る

外からのアプローチと同時に、体の中から目に良い食材を積極的に摂りましょう。目にいい食材として有名なブルーベリーの様にビタミンCを多く含む食材は、目の疲れや充血を防ぐので意識して摂取したい食材です。

Photo by Jennifer Schmidt / Unsplash

目の疲れを取る食事で大切なのが、バランスのとれた食事です。一食のお皿で信号のような色合いだと、バランスが取れると言われていますよ。

セルフケア③目が疲れを感じたら遠くを見る

www.pexels.com

疲れたと感じたら遠くを見るようにすると、ぎゅっと縮こまってしまった目の筋肉をほぐす事ができるのでオススメです。場所を選ばずに行える、簡単な目のセルフケアです。

セルフケア④帽子・サングラスで紫外線対策

Photo by Demetrius Washington / Unsplash

帽子、サングラス、日傘は、紫外線の強い時期にとても重宝します。帽子、日傘のみだと5割、UVカットのサングラスだと8割、サングラスと帽子の併用は9割以上紫外線を防いでくれると言われています。

目を大切にケアして過ごしましょう

日頃のケアを少し気をつけると、目の疲れは回復します。夏まであと少しです。紫外線対策をして、夏を乗り切りましょう。

記事に関するお問い合わせ